編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

今さら聞けない、「マイクロサーバって何?」--各社製品を写真でチェック - 8/10

Charles McLellan (ZDNet.com) 翻訳校正: 川村インターナショナル

2014-05-29 07:30

 Dellはマイクロサーバ市場における先駆者で、VIAの省電力「Nano」プロセッサをベースとする、ホットプラグモジュール搭載の高密度サーバ「XS-11-VX8」(「Fortuna」)を2009年に発売している。Fortunaは12台のサーバモジュールを提供し、2Uのシャーシ内のサーバ1台当たりの消費電力は20~29Wだ。これは、当時としては前例のない消費電力と密度の組み合わせだった。

 Dellの現在のマイクロサーバプラットフォームは、この写真の「Dell PowerEdge C5220」ホットプラグサーバと「C5000」シャーシの組み合わせだ。8台または12台のサーバモジュールを3Uのシャーシに格納する。PowerEdge C5220が対象とするワークロードには、クラウドインフラストラクチャのホスティング、ウェブサーバ機能、コンテンツデリバリネットワーク(CDN)などがある。

 サーバモジュールは、垂直の「スレッド」にマウントされる。スレッドには、デュアルコアまたはクアッドコアのIntel「Xeon E3-1200」プロセッサか、「E3-1200v2」プロセッサを格納できる。それぞれのスレッドが4基のDIMMスロットを備えており、最大32GバイトのECC RAMに対応。さらに、最大4台の2.5インチSATA/SASドライブ、または最大2台の3.5インチSATA/SASドライブを格納できる。

 Dellはマイクロサーバ市場における先駆者で、VIAの省電力「Nano」プロセッサをベースとする、ホットプラグモジュール搭載の高密度サーバ「XS-11-VX8」(「Fortuna」)を2009年に発売している。Fortunaは12台のサーバモジュールを提供し、2Uのシャーシ内のサーバ1台当たりの消費電力は20~29Wだ。これは、当時としては前例のない消費電力と密度の組み合わせだった。

 Dellの現在のマイクロサーバプラットフォームは、この写真の「Dell PowerEdge C5220」ホットプラグサーバと「C5000」シャーシの組み合わせだ。8台または12台のサーバモジュールを3Uのシャーシに格納する。PowerEdge C5220が対象とするワークロードには、クラウドインフラストラクチャのホスティング、ウェブサーバ機能、コンテンツデリバリネットワーク(CDN)などがある。

 サーバモジュールは、垂直の「スレッド」にマウントされる。スレッドには、デュアルコアまたはクアッドコアのIntel「Xeon E3-1200」プロセッサか、「E3-1200v2」プロセッサを格納できる。それぞれのスレッドが4基のDIMMスロットを備えており、最大32GバイトのECC RAMに対応。さらに、最大4台の2.5インチSATA/SASドライブ、または最大2台の3.5インチSATA/SASドライブを格納できる。

画像提供:Dell

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]