三国大洋のスクラップブック

四半期で6兆円--売り上げでグーグルを抜いたアップルのiPhoneビジネス

三国大洋 2015年02月03日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「大きいことはいいことだ」というのは、何も昔のチョコレートだけに限った話ではないらしい。

 前回の記事で触れた、約180億ドルという史上空前の利益をたたき出したAppleの四半期(2014年10~12月期)決算のニュースはすでに目にされた方も少なくないかと思う。また「1台平均687ドルもするiPhoneが3カ月間に7450万台も売れ、iPhoneの事業だけで約512億ドル(1ドル120円換算でざっと6兆円超)の収入となった」あるいは「出荷/販売台数の合計でも、ここ数年首位を続けてきたSamsungとAppleが肩を並べた」といった話を見聞きされた方もいるかもしれない。

 商品の品揃えを絞り込み、見方によっては「顧客を選んでいる」感じもするAppleと、万人に向けてさまざま機種を用意してきたSamsung。そのふたつを比べるのは、それこそ「リンゴとオレンジを比べる」ような意味のないことと、改めてそんなふうにも感じられてしまうが、簡単にできるそうした比較が好きな人も(媒体側には)いまだに少なくないのかもしれない。

 Appleによる「大本営発表」以外の数字となると、なかなか見つけるのが難しい…などと思っていた矢先に、運良くiPhoneの機種別販売台数の内訳を記したものに行き当たった。GigaOM創業者のOm Malikが自分のブログで紹介していた大手投資銀行UBSによるレポートの数字がそれだ。

All About That iPhone 6 Plus--Om Malik

 UBSの数字はあくまで推定で、ある程度のブレ=誤差を含むもの。実際、1月初めにやはりMalikが紹介していた別のレポートでも、iPhone販売台数が約6700万台、その売り上げも約434億ドルなどと予想されていた(実際の数字は7450万台で512億ドル)。そういう素性という前提がつくが、それでもなかなか貴重なものと思える。

 まず、Apple全体の売り上げの約7割を占めたiPhoneの機種別販売台数については、「iPhone 6」が3537万台(約48%)、いわゆるファブレットの「iPhone 6 Plus」が2234万台(約30%)、そして「iPhone 5」と「iPhone 5s」についてはあわせて856万台(約12%)となっている。

 この3つの数字を合わせても100%にならない(48+30+12=90)のが玉に瑕だが、どこが間違っているかを推測する手がかりは検索してもみつからなかった。あるいは、Malikがいまだに売られているiPhone 5sと「iPhone 5c」について、後者を「iPhone 5」と勘違いした。そして、その上でiPhone 5sあるいはiPhone 5cのどちらか片方だけを採り上げて856万台(約12%)と書いた可能性なども思い浮かぶが、いずれにしてもMalikのコラムの主題がiPhone 6 Plusとあるので、これ以上の深入りは避けることにする。

  • iPhone 6 Plus:平均単価828ドル×2234万台(30%)=約185億ドル
  • iPhone 6:平均単価713ドル×3537万台(48%)=約252億ドル
  • iPhone 5s/5c:平均単価XXXドル×1679万台(22%)=約75億ドル
  • 合計:平均単価(ASP)687ドル×7450万台=約512億ドル

 このざっくりした皮算用だとXXXドルのところに446ドルといった数字が入ることになるが、はたして妥当なものかどうか……。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 真に基幹系システムを動かすクラウドの条件とは?

    今、企業においてクラウドは、あたりまえの選択肢となっている。しかし根幹を支える基幹系システムでは、クラウド化を検討しても諦めている企業が多い。その理由は?そして解決策は?

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化