編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら
トップインタビュー

テストエンジニアが評価される時代にしたい--SHIFT丹下CEO - (page 2)

吉澤亨史 山田竜司 (編集部)

2015-02-26 18:52

 社内のエンジニアがテストを行うと、人月が60万円以上になります。それに対してわれわれは35万円。ほぼ半額なので依頼する側はコストを下げられます。

 SHIFTの創業メンバーはモノ作りの現場で生産管理や品質管理をしていた人間で構成されています。徹底的に分業化して生産性を上げて品質管理をするというDNAを持った人間からみたとき、(ソフトウェアテストの方法論が確立していない)ITは非常に変わった業界でした。異業種が交流するとイノベーションが生まれるという典型です。私はIT業界出身ではないですが、ITは圧倒的に効率化できるということがわかって、そこに今イノベーションがやっと生まれつつあるという感じですね。

--差別化のポイントはどこか。

 SHIFTの特徴は4つあります。ひとつは「CAT検定」という検定試験です。この検定試験がSHIFTに入るための採用試験のようなもので、年間5000人が受験し、その合格率が6%程度、年間で300人が合格します。そのうち面接を通過した200人を採用しています。開発とテストでは必要とされる能力が違います。テストに向いている人材なので、他社でテストをしているエンジニアよりも生産性が3倍くらい違うという認識があります。

 2つめが「CAT」というツールです。これはComputer Aided Testの略で、CADをもじったものです。テストも生産性が重要であり、その管理がチャートされて、どういうテストをやったらいいかがすべてメンバーに配布されます。メンバーは、作業すればするほど給料を稼げる仕組みになっています。500人のテストエンジニアがいますが、バックエンドは1人か2人しかいません。その給料計算もCATを使っていまして、ローコストオペレーションの徹底した生産管理体制が確立しています。

 3つめは、テストにおいて独自の方法論を確立していることです。実際のテストは、たとえばログイン画面でIDとパスワードを入力してボタンを押すと画面が遷移します。これを品質保証しようとすると結構大変です。なぜかというと、ID、パスワードは大文字小文字、特殊文字などバリエーションがありますし、正規の会員と非正規の会員で遷移が変わることもあります。ECサイトであればポイントやクレジットカードの有効期限なども参照することになります。さらにブラウザの種類やバージョンもあります。

 すべてを網羅的に組み合わせを考えて、どのパターンでも全部動くことが品質保証です。組み合わせを作っていくので、テストではプログラムの知識は必要ないんですね。数学の順列や組み合わせ、場合分けのような能力が必要になります。そういうロジックを作れる方法論が必要で、その方法論もわれわれが独自に作ったものです。

 4つめは、いろいろな業界の不具合のデータがナレッジとして蓄積していることです。例えばiPhone 6で出やすい不具合、JavaとCentOSの組み合わせで出やすい不具合など、“このようなコーディングをすると、この種の不具合が出る”というデータです。それが現時点で20万件ほど貯まっており、上流でこうした情報を確認しておくことで、テストでの不具合を劇的に減らすことができます。

 テストは後工程であり、ここで不具合が出てしまうと修正に10倍ほどのコストがかかってしまいます。2000万円かけてテストするより、200万円でさまざまな情報を見て開発手法を整備をしておけば、2000万円のテストコストがいらなくなります。テストをやればやるほどデータが溜まっていく点もSHIFTの差別化になっています。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  2. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  3. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

  4. クラウドコンピューティング

    クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット

  5. セキュリティ

    サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]