編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

「Microsoft Office」用の「Google Drive」プラグインが公開

Rachel King (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-07-22 10:40

 Googleは、ユーザーが「Microsoft Office」スイートで作成したファイルを簡単に「Google Drive」上に保存できるようにする新たなプラグインをリリースした。

 これにより基本的に、「Windows」版Officeを使用しているユーザーであれば、Google Drive内に格納している「Word」や「Excel」「PowerPoint」のファイルをオープンし、ローカル環境のOfficeアプリで編集した後、その編集結果をGoogle Driveに反映できるようになる。


提供:Google

提供:Google

 Microsoftは2014年に、Officeでさまざまなクラウドとの統合を実現している。

 そうした統合のなかで最も注目されたのは、近年目覚ましい普及を遂げている「Dropbox」や「Box」といった、ストレージやコラボレーションを目的としたクラウドプラットフォームとの連携だ。

 Google DriveのOffice用プラグインは現在のところ、Windows版のみがダウンロード提供されている。

 なお、Mac関連のニュースに目を向けると、Microsoftは7月に「Office 2016 for Mac」をリリースしている。

 この製品はまず、「Office 365」のサブスクリプション契約者に対して提供されている。また、同製品にはWordとExcel、PowerPoint、「Outlook」「OneNote」の新バージョンが含まれている。

 Office 2011 for Macの後継となるこの製品は、3月からパブリックプレビューが実施されていた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]