編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ
海外コメンタリー

セキュリティ企業や政府機関にも被害--海外の重大な情報漏えい、2015年これまでを振り返る - 11/11

Zack Whittaker (ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2015-08-29 06:30

2200万人の政府関係者が脅迫の危険にさらされる

 最後を飾るのは、2210万人(この数は増え続けている)に影響を与えた、米連邦人事管理局の情報漏えいだ。これは、米国の国家安全保障に過去最大のダメージを与えた情報漏えい事件かもしれない。世界でもっとも秘密を要する情報へのアクセス権を持つ人たちの(米連邦人事管理局が実施した)信用調査のデータが、身元不明の攻撃者に盗まれたのだ。大量の秘密情報へのアクセスを握る人物を脅迫しようとする敵が、その人物の弱点をすべて知っていたとしたら、どうなるか想像してみるといい。この情報漏えいの影響はまだ現れていないが、米国の国内および外交上の諜報活動に重大な悪影響を与える可能性がある。

2200万人の政府関係者が脅迫の危険にさらされる

 最後を飾るのは、2210万人(この数は増え続けている)に影響を与えた、米連邦人事管理局の情報漏えいだ。これは、米国の国家安全保障に過去最大のダメージを与えた情報漏えい事件かもしれない。世界でもっとも秘密を要する情報へのアクセス権を持つ人たちの(米連邦人事管理局が実施した)信用調査のデータが、身元不明の攻撃者に盗まれたのだ。大量の秘密情報へのアクセスを握る人物を脅迫しようとする敵が、その人物の弱点をすべて知っていたとしたら、どうなるか想像してみるといい。この情報漏えいの影響はまだ現れていないが、米国の国内および外交上の諜報活動に重大な悪影響を与える可能性がある。

提供:stock photo

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]