編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」
海外コメンタリー

Linuxベースのスイッチ用OS「Azure Cloud Switch」に取り組むMS--SDN分野で飛躍へ - (page 2)

Janakiram MSV (Special to TechRepublic) 翻訳校正: 川村インターナショナル

2015-10-05 06:30

ACSを支える技術

 ACSを支えているのは、「Switch Abstraction Interface」(SAI)と呼ばれる抽象化レイヤで、さまざまなハードウェア実装の違いを隠す役割を果たす。

 SAIは特定用途向け集積回路(ASIC)をプログラムするためのC言語向けAPIだ。その基盤をなす根本的な考えは、標準化されたAPIを通して、開発者がさまざまなチップをプログラムできるようにすることだ。2015年3月に紹介されたSAIは、標準APIとしてOCPに正式に認められた。SAIはいわば接着剤の役目を果たし、ハードウェアをソフトウェアインターフェースから分離させる。

 Microsoftのほかに、DellやMellanox、Big Switch NetworksもSAIに寄与している。

SDN標準化のライバル

 SDNの標準化に取り組む業界コンソーシアムは、OCPだけではない。The Linux Foundationは2013年4月に「OpenDaylight Platform」(ODL)を発表している。ODLは、SDNとネットワーク機能仮想化(NFV)の分野の研究開発を推し進めることを目的として発足された。興味深いことに、CiscoやCitrix、Ericsson、Hewlett-Packard(HP)、IBM、Juniper Networks、Red Hat、VMwareなどとともに、Microsoftも創設メンバーに名を連ねている。このプロジェクトの大きな成果が、SDNを実現するための標準規格「OpenFlow」に関するものだ。主要な「OpenStack」ディストリビューションはネットワーキングスタックの一部としてOpenFlowを統合した。

将来有望なSDN

 ネットワーキングの未来はソフトウェアにある。コンピューティングとストレージ仮想化の恩恵を得た今、業界はSDNに注力している。VMwareは「NSX」に大規模な投資を行っている。NSXは、同社がNiciraの買収を通して手に入れた技術だ。MicrosoftはACSとSAIを通して、SDNへの取り組みの成果をOCPに捧げる道を選んだ。CiscoやJuniper Networks、Alcatel-Lucentなど主要なネットワーキングベンダーは、SDNベースの研究開発に大規模な投資を行っている。

 Microsoftはかつてオープンソースのライバル製品に対抗意識を持っていたことで知られていたが、ACSは同社がもはやそのような企業ではないことを示している。それはまさに歓迎すべき変化である。

「Azure Cloud Switch」
Azure Cloud Switch
提供:Microsoft

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]