編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

FinTechの今 グローバルから見た日本 - (page 4)

村上隆文(アクセンチュア戦略コンサルティング本部)

2016-01-01 00:00

2016年はこうなる

 概要ではあるが、日本のFinTech市場がグローバル目線から見たときに、どのような位置づけにあるかを見てきた。読者の皆様はすでにお気づきであろうが、日本のFinTechは以前未成熟であると同時に、飛躍を迎えるための重要な要素に対し、非常に活発な議論がなされているのが現状である。

 すなわち、相対的に市場規模のポテンシャルがある中、周辺環境の整備が進んだのが2015年といえよう。なお、2015年1月から9月までの9か月間での日本におけるFinTech投資額は、既に約4400万ドルに達しており、2014年度の5500万ドルに迫る勢いとなっている(図表5)。

 同期間でアジア・パシフィック地域におけるFinTech投資額は、2014年の約8.8億ドルから約35億ドルに急激な伸びを示している中、日本は堅調な動きを維持している。来年に向けては、これらが徐々に結実し、日本の金融市場を大きく突き動かすような議論が圧倒的なスピード感で出てくることが容易に想定されよう。

図表5:日本におけるFinTech分野への投資案件数および投資額
図表5:日本におけるFinTech分野への投資案件数および投資額。
出典:アクセンチュアによるCB Insightsデータの分析

 次回以降では、欧米におけるスタートアップ企業を紹介も交えながら、進みつつある金融イノベーションについて、その動向を見ていきたい。その上で、日本の金融機関がとるべき方向性について展望していきたい。

村上 隆文
アクセンチュア株式会社 戦略コンサルティング本部エンタープライズアーキテクチャ&アプリケーション戦略 マネジング・ディレクター。
金融機関向けにIT・テクノロジー戦略を担当。10年以上に渡り、金融業界におけるIT戦略、ITトランスフォメーション、PMI等のプロジェクトに従事。テクノロジー戦略、イノベーション戦略、IT投資戦略、ビジネス・ITトランスフォメーション、大規模システム導入等に多くの知見を持つ。経済産業省「産業・金融IT融合に関する研究会」(FinTech研究会)メンバー。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]