クラウドトップガン対談

富士通のクラウド戦略--勝負はPaaS、SIノウハウを続々「K5」に

吉澤亨史 怒賀新也 (編集部) 2016年04月08日 07時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本でクラウドをリードし、現在は経済産業省などのコンサルティングを手掛ける研究者、NCRIの津田邦和氏が、今後クラウドを軸に生まれる新たな付加価値について、「トップガン」と呼ぶ各分野のキーマンと対談する。

津田 クラウドネットコンピューティングが(本質的な意味で)明確に提案され初めてから20年が経過しました。1995年には、OracleのLarry Ellison氏が「ネットコンピュータ」と命名してシンクライアントを提案し、Windows 95にTCP/IPが装備されてインターネットが一般化して、かつPCの大普及時代に入りました。

「Dr.津田のクラウドトップガン対談」の3回目は、富士通執行役員常務グローバルマーケティング部門長の阪井洋之氏を招く。
「Dr.津田のクラウドトップガン対談」の3回目は、富士通執行役員常務グローバルマーケティング部門長の阪井洋之氏を招く。

 1998年前後には仮想化が提案され、2000年以降にブロードバンド通信の普及、2005年にはマルチコアCPUによって、クラウドの実用的な環境が整ってきました。そして2007年にはスマートフォンが爆発的な普及を始め、いよいよクラウドは本格的に世の中の基盤として明確にそのポジションを固めています。

 「Dr.津田のクラウドトップガン対談」の3回目は、重点方針としてクラウドに取り組んでいる富士通株式会社執行役員常務グローバルマーケティング部門長の阪井洋之氏を招く。富士通の最新かつ近未来のクラウド戦略について語ってもらいます。

クラウドが事業の主流に

 津田 阪井常務とは10年来の付き合いですが、私たちがクラウドに取り組み始めたのは、ちょうどWindows 95が出て、Javaが始まった1995年でした。そこで非常に大きなことが始まりました。

 それは、Windows 95にTCP/IPが標準搭載されたことです。それにより、多くの人々がインターネットに接するようになりました。ただ、当時はメールのやり取りやホームページの閲覧など、限定的な利用でした。

 しかし、それから10年経った2005年に、また大きな変化がありました。それは、デュアルコア、クアッドコアのCPUが出てきて、仮想化基盤などがストレスなく動くようになってきました。コストも下がり、本格的なクラウド時代が到来したわけです。これは非常に大きな動きになりました。

 阪井さんとはその直後に出会いました。クラウドというマーケットがすごく大きなものになるかもしれないと、気がつき始めた時期です。ただ、まだ確信は持っていませんでした。それが2005年前後です。PCとインターネットは当たり前になってきていましたから、クライアント/サーバも含めてクラウドモデルが離陸を始めたのです。

 富士通も2007年ごろには、もう本格的な取り組みをしていて、阪井さんもその過程にいたわけです。阪井さんは当時、クラウドに対してどのような感触をお持ちでしたか。

2007年 クラウド離陸期の様子

富士通株式会社執行役員常務グローバルマーケティング部門長の阪井洋之氏
富士通株式会社執行役員常務グローバルマーケティング部門長の阪井洋之氏

阪井 当時、アプリケーション分野を担当していました。当社は、2000年前後から、パッケージをサービス型で提供する形態、ASPのビジネスを進めていましたが、その後、SaaSという新しい概念が出てきました。そこにSalesForceのような新しいソリューションが出てきました。実際にSalesForceを使ったりする中で、SaaSやクラウドは、ASPと違い、カスタマイズが自由に、しかも簡単にできることに衝撃を受けました。これは大きな変化がくるのではないかと感じました。

 前後して、わたしは富士通全体のクラウド戦略を推進していく立場となり、SaaSだけでなくIaaS、PaaS、あるいはプライベートという、クラウドビジネス全体をどう展開していくのかといったことに取り組みました。

 市場ニーズの変化が非常に早い昨今、クラウドの持っているスピード感、小さく始めて大きく育てる、すなわちスモールスタートによる新たなコストの考え方、ネットワークを介しての拡がり、モバイルに対応しやすいことなど、いろいろな要素を考えていったときに、これはビジネスの主流になっていくと考え、さまざまな取り組みを開始しました。2007年ごろから始めた「SaaSパートナープログラム」もその1つで、数多くのパートナー様にも参画いただきました。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]