より賢く活用するためのOSS最新動向

オープンイノベーションとOSS--コミュニティ参加の効用 - (page 2)

吉田行男

2017-06-09 07:00

 一方、もう一つのIT導入の目的である「情報化」とは、人間が担っている意思決定プロセスに対して「ITによって有用な情報を提供し、意思決定を支援する」ということを表しています。

 当初は、この「自動化」することを目的として、企業の従来型の業務システムである「SoR(System of Record)」と呼ばれる領域でITは主に活用されてきました。

 しかし、近年では、「SoE(System of Engagement)」と呼ばれている企業のビジネスプロセス革新や新ビジネス創造などのデジタル革新を実現する分野での活用が進んできました。まさに「情報化」の領域に入ってきました。

 この分野では、「クラウド」「ビッグデータ」と呼ばれる領域のソフトウェアを活用することが必要になってきます。この領域のソフトウェアは非常に多くの機能を実現することが必要であり、単一の企業で開発することは大変な困難な状況になってきました。

 そのような問題意識の中で、旧来のソフトウェアベンダーは、当初からソフトウェアをOSSとして開発する方法に変わってきました。その代表的なOSSが「OpenStack」です。


 OpenStackは、2010年に米RackspaceとNASAがそれぞれ自社利用をするために開発していたソフトウェアをOSS化したものです。開発の趣旨に賛同する企業を集めてFoundationを設立し、このFoundationを核にし、開発を推進することになりました。

 当初は、1年に4回ずつという高頻度でリリースしていましたが、途中から年2回のリリースに変更になりました。

 また、機能の開発にあたっては、Design Summitと呼ばれるカンファレンスを実施し、オープンな環境で開発する機能について議論してきました。

 当初Design Summitと呼ばれていたカンファレンスも利用者が増えてくるに従い、単なるSummitと名前を変え、開発内容だけではなく、活用事例なども公開する形で実施されています。

 このプロジェクトの興味深いところは、ソースコードの修正である「コミット」数などの統計データを公開していることです。OpenStackにかかわる企業は、自社のセミナーでその公開されている統計データを活用し、自社がいかにOpenStackの開発に貢献しているかを競い合っています。

 このように製品やサービスを提供するベンダーは、自社の技術力を示すために、いかにコミュニティに貢献しているかを競争する時代になってきました。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]