編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方
展望2020年のIT企業

電子・電機大手企業がベンチャーと協業する日

田中克己

2018-03-23 07:30

 日本経済の発展に貢献するベンチャー企業は数多くあるはずが、大手企業が彼らの成長や活躍を阻むことがある。そんな中で、情報家電や電子部品、IT機器などを手がける大手企業で構成する電子情報技術産業協会(JEITA)がこのほど、そんなベンチャー企業を表彰するJEITAベンチャー賞の受賞企業6社を発表した。今回で3回目になる。狙いの1つは、新規事業を創出したい大企業とベンチャーとの協業推進にある。

JEITAベンチャー賞の狙い

 JEITAベンチャー賞を受賞した1社は、2012年7月に設立した産業技術総合研究所発ベンチャーのHmcommである。産総研の音声認識処理や自然言語処理などの技術を用いて開発した音声認識に特化したAIプラットフォームによるソリューション・サービスは、コールセンターや窓口など対人業務における会話のテキスト化や、無人の音声受付などを実現するもの。同賞の審査委員会委員長を務める荒川泰彦氏(東京大学生産技術研究所教授)は「今後、音声ビックデータのビジネスリソースとしての利活用への貢献が期待される」と、受賞理由を説明する。

 2社目は、セキュリティ・ソリューションを展開するZenmuTechだ。2014年3月設立の同社は、暗号化技術と分散技術を組み合わせた秘密分散処理により、データを意味のないデータに変換・分割する情報漏洩防止ソフトなどを開発した。従来の暗号化技術は解読される可能性があり、「サイバー攻撃に対して、強い防衛手段になる」(荒川氏)。同社によると、住宅設備機器大手のLIXILなどに採用されるとともに、大手ITベンダーにOEM供給しているという。

 3社目は、青森県青森市に本社を置く2005年3月に設立したファルテだ。NTT出身の葛西純社長らが開発した骨伝導ヘッドセットは、スマートフォンとBluetooth接続し、通話や音楽を聴いたりするもの。自転車用ヘルメットタイプや産業用タイプなどを用意する。GPSや各種センサを使った車両などを管理したりする位置情報ソリューションもある。温度センサなどのデータと車両の位置情報などから製品の在庫・稼働率管理に使う。トレーラーの管理、工場の無人搬送車の監視などに利用されており、「地方発からEXITを目指すベンチャーのロールモデルとして期待される」(荒川氏)。

 4社目は、ディープラーニング・ベースのAIプラットフォームとソリューションの開発に挑むABEJAだ。受賞対象は、2012年9月の創業時から取り組むディープラーニングなどを活用した小売業向け店舗解析ツールになる。カメラ画像から顧客の数、年齢、店舗内導線などを分析し、店舗改善につながるもの。この2月には、AIをビジネスに適用するために必要なデータの取得、蓄積、学習など10の工程を備えているAIプラットフォームの提供も開始した。多くのパートナーとの協業も進める考えだ。2017年5月には、画像処理半導体の米エヌビディアから出資を受けている。


 

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]