編集部からのお知らせ
記事PDF集:官民意識のゼロトラスト
電子インボイスの記事まとめ

セールスフォース、「Marketing Cloud」でマイクロソフト「Azure」採用へ

Mary Jo Foley (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2019-11-15 10:26

 SalesforceとMicrosoftは米国時間11月14日、「Salesforce Marketing Cloud」のパブリッククラウドプロバイダーとしてMicrosoftの「Azure」を使用すると発表した。Salesforceはすでに、Amazon Web Services(AWS)やGoogleともクラウド利用で提携している。このAzureに関する発表は、Salesforceの年次カンファレンス「Dreamforce」を翌週に控え、明らかにしたものだ。

Salesforce

 さらにSalesforceは、同社のCRMユーザーがSalesforceのレコードの検索、閲覧、共有を、Microsoftのグループチャットプラットフォーム「Microsoft Teams」内で直接できるようにする機能を構築すると述べた。両社共同のプレスリリースによると、Microsoft Teamsと「Salesforce Sales」「Service Clouds」の統合機能は、2020年後半に利用可能になる見通しだ。

 SalesforceはMicrosoftとCRM分野で競合してきたほか、LinkedInの買収Microsoftに破れたとされているなど対立する場面もあったが、過去に提携した実績もある。

 両社は2014年に、「Salesforce App for Outlook」や「Salesforce1 Mobile App for Microsoft Office」で協力している。また2015年には、「Salesforce Customer Success Platform」と「Microsoft Office」 の連携や、Salesforceのインターフェースを「Skype for Business」「Microsoft OneNote」「Windows 10」に統合するために提携した。さらに2015年には、MicrosoftがSalesforceの買収を検討していると憶測する報道もあったが、最終的には現実のものとはならなかった。

 Salesforceは2016年に、AWSを推奨インフラプロバイダーにすると発表した。当時、「Heroku」「SalesforceIQ」「Salesforce IoT Cloud」など、Salesforceの多数のサービスはAWSのクラウド上で稼働していたが、中核的なCRM製品は自社データセンターを利用していた。

 2017年には、「Google Cloud Platform」を使用してグローバルに拡大し、SalesforceのCRMツールを「G Suite」や「Google Analytics」と統合する計画を発表している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  2. 経営

    ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説

  3. 経営

    問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備

  4. ビジネスアプリケーション

    緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策

  5. ビジネスアプリケーション

    たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]