オラクルとマイクロソフト、「Oracle Database@Azure」を発表

ZDNET Japan Staff

2023-09-15 07:21

 OracleとMicrosoftは米国時間9月14日、「Microsoft Azure」上でOracle Databaseサービスを提供する「Oracle Database@Azure」を発表した。

 Oracle Database@Azureは、Oracleの「Oracle Cloud Infrastructure」(OCI)上で提供されているフルマネージドのデータベースサービスをAzure上でも利用可能にしたもの。「Oracle Exadata Database」「Oracle Autonomous Database」「Oracle Real Application Clusters」(RAC)がラインアップされている。

 Azureサービス上でOracle Databaseインスタンスを展開、管理、使用するための統合されたエクスペリエンスが提供され、「Azure Marketplace」を通じて購入可能となる。北米と欧州を皮切りに、世界中のMicrosoftのデータセンターに展開していく計画だ。

Azureポータル上でOracle Database@Azureが選択可能に
Azureポータル上でOracle Database@Azureが選択可能に

 Microsoftの会長で最高経営責任者(CEO)のSatya Nadella氏は「組織がミッションクリティカルなアプリケーションをクラウドに移行して、次世代のAIを使用してビジネスのあらゆる部分を変革できるよう支援する絶好の機会にある。Oracleとのパートナーシップの拡大により、Microsoft AzureはOracleのデータベースサービスを実行する唯一のクラウドプロバイダーとなり、当社の顧客がクラウドを活用したイノベーションの新しい波を解き放てるよう支援する」とコメントする。

 Oracleの会長で最高技術責任者(CTO)のLarry Ellison氏は「MicrosoftとOracleは、Azureサービスと最新のOracle Databaseテクノロジーを簡単かつシームレスに接続できるように協力してきた。AzureデータセンターにOracle Exadataハードウェアを配置することで、可能な限り最高のデータベースとネットワークのパフォーマンスを体験できるようになる。われわれはMicrosoftと提携して、最高級の機能を提供できることを誇りに思っている」と語った。

MicrosoftのSatya Nadella氏(左)とOracleのLarry Ellison氏
MicrosoftのSatya Nadella氏(左)とOracleのLarry Ellison氏

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]