特集 : Between the Lines

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

記事一覧

  • IT部門はCEOに信頼されているか?

    多くのビジネスマネージャは、ITが重要だとは言いつつも、自分の会社のIT部門が能力不足だと考えているようだ。

  • シーベルのオンデマンドCRM戦略

    シーベルのバイスプレジデントで、OnDemandとSMBを担当するゼネラルマネージャB・クリーブランドが先週マスコミにあるメッセージを配布した。これは彼の「縄張り宣言」とでも言える。

  • AJAXが注目されるわけ

    デベロッパーあるいはデベロッパーの卵たちは、次のプログラミングの流行に乗りたいと考えるなら、絶対にAJAXに取り組むべきだ。今朝、その理由を再認識させられる出来事があった。

  • スレッドログに挑戦--ボブ・フランクストンと

    スレッドログとは、業界の有力者と私がIMで交わした会話をそのままウェブサイトに公開するものだ。今回は、スプレッドシートプログラムを開発したボブ・フランクストンとのやりとりを取り上げる。

  • 「アップル、インテルチップに乗り換え」の噂は本当か

    今週初めに、インテル製プロセッサの採用について、アップルとインテルが話し合いを進めていると、ウォールストリート・ジャーナルが報じた。この報道に対し、様々なメディアが様々な反応を示している。

  • 「COBOLよ、永遠なれ」とはいかない理由

    ある調査によると、メインフレーム上で使われているプログラム言語はいまだにCOBOLが圧倒的で、同言語を使うプログラマーの年齢の中間値は45歳から59歳だという。そこで出てくるのが、次の世代のCOBOLプログラマーをどこから連れてくるのかという問題だ。

  • スピード狂のあなたにピッタリの技術が登場

    ある研究所が、ドライバーのための「アシスタント」を開発した。この装置は、制限速度の標識を認識し、車が制限速度以上のスピードを出していると、ドライバーに警告を発するという。

  • ユーザー参加型の製品開発の時代へ

    企業は今、ブログ、Wiki、RSSなどを利用して、すべての関係者が製品開発に何らかの形で参加できるような仕組みを作り出そうとしている。

  • Infocardのすべて

    マイクロソフトは5月の末までに、InfoCardの技術プレビュー版をリリースする予定だ。InfoCardというのは、WS-*プロトコルに基づいてIDを管理するための新しいフレームワークだ。

  • サン:「IBMのLinux移行促進プログラムは悪あがき」

    IBMは米国時間17日、SolarisからLinuxへの移行プログラムの詳細を固め、希望するユーザー企業に無料で移行査定サービスを提供すると発表した。サンも負けじと反撃に出ている。

  • みんなでつながっていれば怖くない?

    何かをやっている最中にIMや携帯電話、メールなどで作業を中断されると、人間の知能は低下するらしい。こんなことがある調査から明らかになった。

  • 米国版「2007年問題」

    IT業務に長年従事してきた従業員が引退する際、その従業員が培ってきた知識を引き継ぐために、CIOたちは今、何をすべきなのだろうか。

  • MSのセキュリティ市場本格参入は何を意味するか

    小さな企業が作ってきたユーティリティと同じ物をマイクロソフトが提供し始めると、それらの小企業はやがて消えうせる運命にあった。これは、セキュリティ対策ソフトにも当てはまるのか。

  • ダン・ブリックリン、今度は自ら出演するDVDを発売

    同氏が新商品を出したときは、ダウンロードかCDでそれを入手するのが普通だったが、今回は違う。同氏は、ソフトウェアライセンスの基本について自分自身が出演して語るDVDを発売したのである。

  • プログラミング環境の乗り換えは簡単か

    先日のブログのなかで、プログラミング環境を変えることは本質的に難しいと、私は記した。これに対して、一部の読者から反論が寄せられた。そこで今度は、例え話を使って、自分の意見を説明しようと思う。

PR

Special

企画特集一覧へ

PRSpecial

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]