編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

Java IDE新潮流--第1回 Javaエディタが大幅強化:NetBeans 6.0 - (page 3)

竹添直樹(NTTデータ先端技術)

2007-06-01 19:47

 NetBeans 6.0ではこの他にもJavaの開発効率を向上させるための様々な新機能を提供している。

プロファイラ

 プロファイラはこれまでも拡張モジュールをインストールすることで利用可能だったが、NetBeans 6.0からは標準搭載されるようになった。ツールバーからワンタッチで起動することができ、以下のようなプロファイル結果を得ることができる。

プロファイラ プロファイラ

 プロファイラは開発中に頻繁に利用する機能ではないが、いざ必要になったときに標準機能として利用できるというのは大きい。また、Webアプリケーションのプロファイルを取ることも可能だ。

ローカルヒストリ

 ローカルヒストリとはファイルの更新履歴を記録しておき、任意の時点の内容との差分を表示したり、ロールバックを可能とする機能で、Eclipseはもちろん他の多くのIDEには標準搭載されている機能だ。NetBeansでは5.5までこのローカルヒストリー機能が存在しなかったが、6.0でようやく搭載されることとなった。

プロファイラ ローカルヒストリ

 上記の通り、NetBeans 6.0ではJavaエディタやその周辺機能が大きく改善されており、Javaのコーディング効率という点でEclipseに匹敵しうる進化を遂げている。さらにGUIアプリケーション開発からエンタープライズアプリケーション開発まで幅広く支援する豊富な機能の活用によってもたらされる開発生産性はもはやEclipseを凌駕していると言っても過言ではないはずだ。

 開発ツールがもたらす生産性は開発者の習熟度によっても大きく左右されるため、NetBeans 6.0が正式にリリースされてもすぐにNetBeansに乗り換えようというユーザは少ないかもしれない。しかし最新のJava仕様をいちはやくサポートし、豊富な機能とEclipseに匹敵するエディタを備えたNetBeansを試してみない手はないだろう。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]