編集部からのお知らせ
新着・電子インボイスの記事まとめ
記事まとめDL:オンライン確認「eKYC」

SaaS:あなたはもうこのバズワードを無視できない - (page 5)

エリック松永

2008-07-25 10:00

SaaSを「バズ」で終わらせないために

 今回の記事では、***とは、みたいな書き方はしません。まずはビジネスモデルを理解し、それを世間でどんなバズワードで呼んでいるのかを示そうと思っています。バズワードの概要説明からベンダーの事例という流れがバズワードの理解の妨げになっていると思っているからです。ビジネスモデルの本質がわかれば、正直言うとバズワードなんてどうでもいいのです。

 実は今ご紹介した所有から利用への流れのITサービスの事をさすのが”SaaS”(Software as a Service)です。Amazonでは、ソフトウェア機能や環境をサービスとして提供していますよね、それがSaaSです。ちなみにAmazonのS3にあたるストレージリソースをサービス提供するモデルを”RaaS”(Resource as a Service)と呼ぶ事もありますが、基本的にはSaaSで総称して構わないでしょう。ソフトウェアを機能として提供する為には、ハードウェアもサービスとして提供されなければ動きませんから。RaaSはそれをプロモーションしたいベンダーが無理やり生み出した言葉で、SaaSから独立させる意味は無いと個人的には思います。

 ちなみに、SaaSを提供する側からすれば、サーバやストレージにもコストはもろにかかっています。サーバーも、ストレージも効率的に利用しなければ赤字になってしまいます。だからサーバーやストレージの空いている領域は効率的に使わなければいけない。当たり前ですよね。そこで使われる技術が“仮想化”です。さらに、アプリケーションの機能も共有しやすいような設計(例えば在庫管理する)にしなければ、開発者が毎回自分で開発しなければならなくなります。効率的にプリケーションを提供する為に、利用しやすい単位に分類し開発する。これをSOA(Servece-Oriented Architecture)と呼ぶのです。

 バズワードの意味を考えるのではなく、ビジネスを成功させるために何をしなければいけないのか、その何かを解決するバズワードは何なのかという視点でバズワードを考えると、それはもう「バズ」と呼ぶべきでない、意味のある言葉になっているのではないでしょうか?

Peace out,

Eric

Eric
筆者紹介

エリック松永(Eric Matsunaga)
Berklee College of Music、青山学院大学大学院国際政治経済学研究科(修士)卒業。19世紀の米国二大発明家Graham Bellを起源に持つ米国最大の通信会社AT&Tにて、先進的なネットワークコンサルティングの領域を開拓。その後アクセンチュアにて、通信分野を柱に、エンターテインメントと通信を活用した新事業のコンサルティングをグローバルレベルで展開する。現在、通信業界を対象にした経営コンサルタントとして活躍中。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]