編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

日本IBM、DWH/BIシステムの構築を最短12日で実現するアプライアンス製品

ZDNet Japan Staff

2009-09-30 18:31

 日本IBMは9月30日、データウェアハウス(DWH)の構築を短期間で実現する専用アプライアンス製品「IBM Smart Analytics System V.1.0」を発表した。同日より出荷を開始している。

 同製品は、データベース管理、データ統合、運用管理の自動化などを支援するDWH構築向けのミドルウェア、サーバ、ストレージの組み合わせに、基本導入、性能チューニング、HA設計、テストまでの構築サービスを組み合わせたものだ。

下垣典弘氏 日本IBM理事、ソフトウェア事業インフォメーション・マネジメント事業部長の下垣典弘氏

 日本IBM理事、ソフトウェア事業インフォメーション・マネジメント事業部長の下垣典弘氏は、この製品の提供意図について、「企業がビジネス課題を解決するためにDWHやビジネスインテリジェンス(BI)などのシステムを構築したいと考えても、従来の提供方法では、稼働開始までに長い時間がかかっていた。また、実際に必要となるシステム規模の予測が困難であったり、稼働後の運用管理も煩雑になっていた。Smart Analytics Systemは、機能がモジュール化され、汎用的な設定のプリセットが行われたアプライアンスの形式で提供することで、大幅な構築時間の短縮、ニーズに合わせた柔軟な機能の拡張、運用管理の自動化を実現できる」と説明する。

 同製品では、最短で12日でのDWH構築が可能としており、これは従来の一般的なDWH/BIシステム構築の期間である6カ月と比較して、15分の1となる。

 こうした、短期間でのシステム構築が可能になった背景には、IBMがこれまでに蓄積してたDWH構築およびコンサルティングのノウハウがあるとする。従来、大きく時間を割いて行っていた導入前の仕様決定をデータ規模の算定に絞り、実際のシステム構築にあたっては、ユーザーの業種やニーズごとに標準化されたコンポーネントの組み合わせでプロトタイプを組む。そこで設定を進めながら稼働まで持ち込むことにより、運用開始までの期間とコストを大きく削減することが可能になっているという。

 Smart Analytics Systemの基本価格は、データ規模によって変動する。データ容量2TBを想定した最小構成の場合、基本導入から性能チューニング、HA設計、テスト、初年度保守サービスまでを含めて2億3000万円より。また、高度な分析機能やレポーティングといったBI機能を追加するモジュールは、オプションとして提供される。

運用管理の自動化 IBM Smart Analytics Systemでは、短期間での導入と同時に、導入後の運用管理を簡素化する点にも注力しているとし、そのためのミドルウェア、ツールもアプライアンス化されて提供される。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]