「ナノ秒」争う高頻度取引の世界 アルゴリズムとインフラが勝負の分かれ目

三国大洋 2012年03月28日 12時34分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米国時間3月23日、Bats Blobal Marketsという電子株式取引市場で、ソフトウェアのバグが原因とみられるトラブルが発生。この影響で、1株600ドル前後で推移していたアップル株式(AAPL)で瞬間的に1割近く安い価格がつくなどして市場が混乱したほか、この日株式公開を予定していたBats自体もこのトラブルに巻き込まれて結局IPO中止に追い込まれるという失態を演じた。

 日本の各ニュースメディアからは次のような記事が出ている。

 この話そのものに関していくつか目についた点と、さらにこの背景にある大きな流れについて、今回は少し紹介してみる。まずは、23日の出来事について報じた米メディアの記事より。

  • Batsの取引処理量は、現在ニューヨーク証券取引所(NYSE)、ナスダック(NASDAQ)に続く第3位で、全体に占める割合は先月時点で10.9%(1年前は10.7%)(註1)
  • Batsのシステムが処理する売買件数は、1秒間に約2万9000件(註2)
  • Batsが動かす2つのシステムのアベイラビリティ(可用性)は、「BZX Exchange」が99.94%、「BYX Exchange」が99.998%(同社株式公開申請時の目論見書から)(註3)
  • Batsが設立されたのは2005年、NYSEとNASDAQがそれぞれ電子株式市場大手を買収して、寡占化が懸念され始めた時期。割安な手数料が受けて、頻繁な取引を繰り返すトレーダーや証券会社の支持を集めている(註4)
  • Batsのシステムを利用するような『高頻度取引』("high-frequency trading")が米国の株式取引全体の約55%を占めている。またそのうちの半分以上——全体の約32%がコンピュータによる自動売買(註5)
  • 「従来からの証券取引市場とは異なり、われわれは中核の部分でテクノロジー企業である」(Batsが申請したIPO目論見書より:註6)
  • このシステム障害で瞬間的に減少したアップルの時価総額は約520億ドル(註7)
  • この日の542ドル80セントの誤発注は不成立だったが、その前の20日にやはり同様の出来事が起こり、595〜597ドル付近で推移していたAAPLが急落。そして570ドルの取引は不成立だったものの、582ドルは成立していた(註8)

 さて。

 註1で参照したBloombergの記事には、

Batsは、米国(の証券市場に上場する企業)の時価総額が、わずか20分弱の間に8620億ドルも失われた事故から2年も経たないうちに、自社で株式公開による資金調達を試みた。

 という一節が出てくる(註9)。また、Fortuneのブログ「Apple 2.0」にも

SECはすでにBatsと、2010年にあったフラッシュ・クラッシュ——その際には、市場の価値が一時的に1兆ドルも失われた——の際に同社が果たした役割について話をしている(聴き取りを進めている)。

 という記述がみられる(註10)。

 以降では、「8620億ドルという時価総額が20分弱で失われた」という2010年5月6日のこの事故——「フラッシュ・クラッシュ」("Flash Crash")について少し紹介したい(より正確に言うと、それを採り上げたテレビ番組についての紹介)。(註の終わりに次ページへのリンクがあります)

註1:Batsの取引処理量は第3位

The company executed 10.9 percent of U.S. equities volume last month, compared with 10.7 percent a year earlier, it said.

Bats Scrapping IPO Is Gift to Critics of Modern Market Structure - Bloomberg


註2、3:Batsの売買件数と取引を支えるシステム

Bats said in a regulatory filing that it "experienced very low downtime" last year. BZX Exchange, its main market, was accessible to users 99.94 percent of the time. BYX Exchange, its second market, was available 99.998 percent of the time, the company said. The main market processed an average of about 29,000 order messages per second last year, Bats said.

Bats Global IPO Turns Ugly After Apple Halt, Quote Error - Bloomberg

註4:NYSEとNASDAQの寡占化が進む中で登場したBats

The company was formed two month after the NYSE announced plans in 2005 to go public by combining with rival Archipelago Holdings Inc., and Nasdaq Stock Market announced its purchase of Inet ECN. Archipelago and Inet were then the largest electronic communication networks, or ECNs, which matches buy and sell orders and compete with exchanges.

Bats Scrapping IPO Is Gift to Critics of Modern Market Structure - Bloomberg


註5:米株式取引全体の約55%を占める高頻度取引

About 55 percent of U.S. equities volume comes from firms using high-frequency trading strategies, Adam Sussman, a partner and director of research at Tabb Group, said in December. More than half of that -- 32 percent of total stock volume -- is from market makers supplying bids and offers, he said.

Bats Scrapping IPO Is Gift to Critics of Modern Market Structure - Bloomberg


註6:Batsはテクノロジー企業

"Unlike traditional market operators, we are a technology company at our core," the prospectus said.

Bats Scrapping IPO Is Gift to Critics of Modern Market Structure - Bloomberg


註7、8:Batsの障害とアップルの株価

But investors are understandably suspicious. For one thing, these "false prints" happen a lot more frequently than BATS' uptime record would suggest. Apple investors are still complaining about a mini-flash crash Tuesday morning when Apple suddenly dropped from just under $600 to $570. That print was erased, but a $582 trade that looked equally bogus was allowed to stand.

Apple and the risks of trading 29,000 times per second - Apple 2.0 (Fortune)


註9:20分弱の間に8620億ドルも失われた事故

The exchange operator was trying to raise money less than two years after a crash erased $862 billion in less than 20 minutes from U.S. share values, a plunge that critics linked to the fragmented market structure that helped Bats thrive."

Bats Scrapping IPO Is Gift to Critics of Modern Market Structure - Bloomberg


註10フラッシュ・クラッシュで一時的に1兆ドルが失われた

The SEC was already talking to BATS about its role in the 2010 flash crash -- the one that temporarily erased $1 trillion in market value.

Apple and the risks of trading 29,000 times per second - Apple 2.0 (Fortune)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算