三国大洋のスクラップブック

マイクロソフトとアップルの制空権争い

三国大洋 2012年07月03日 09時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 これまで、2回にわたってマイクロソフトのタブレット端末「Surface」を解説してきた。

 前々回は「再び主戦場に降り立つマイクロソフト」でSurface開発の背景を、前回は「戦闘から戦争へ」としてマイクロソフト、アップル、グーグルの戦いが今、同時多発的に複数の線戦で交戦する総力を挙げた戦い——つまり「戦争」の様相を呈していることを示してきた。

 今回はさらに論考を進めたい。アップルがiPhoneとiPadで先導する「ポストPC時代」への流れに「BYOD」が合流すると、マイクロソフトの『制空権』がどんどん狭まっていく可能性があることを示していく。そして、マイクロソフトがこの事態に対して手をこまねいているばかりではないことも紹介しよう。本格的なポストPC時代を前に、マイクロソフトはリビングルームに「Xbox」という拠点を持っているからだ。

「400ドルで売れるタブレットなら……」と指摘したAsymco

 本連載でも過去に何度か紹介したAsymcoのホレス・デディウが、「Surface投入」という思い切った決断の背後にあったと考えられるマイクロソフトのある思惑を、数字の分析から導き出している。前回の原稿で触れた通り、ジョン・グルーバーやジャン・ルイ・ガセーも注目している、ちょっと面白い推察だ。

Who will be Microsoft's Tim Cook?

 このエッセイについては、WirelessWire Newsに抄訳(ほぼフル翻訳に近い形)を掲載しているので、詳しく知りたい方は是非そちらをご覧いただきたい。

 このグラフは、Asymcoが考察のベースにしているマイクロソフトの事業別の売上(上)と営業利益の推移だ。スタート時期が2007年第3四半期となっているのは、アップルなどが主張する「ポストPC時代」(Post-PC Era)の本格的な始まりとなったiPhone投入(2007年6月末)を踏まえたもの(註1)。2009年秋の「Windows 7」投入後に一時的な跳ね上がりが見られるが、全体としてはデディウが指摘するように非常にゆっくりとしたペースでの成長という流れが読み取れる(註2)。

 ここでデディウが着目しているのは、マイクロソフトにとっての2つの「金の卵を産むメンドリ」("Cash Cow")となってきたWindows(緑の部分)とOffice(赤の部分)の事業だ。このふたつがポストPC時代の進行で——より具体的にはタブレットの普及で大きく減っていくと仮定した場合、ハードウェア1台につきマイクロソフトが手にしている売上額 約123ドル(Windowsは55ドル、Officeは68ドル、いずれも推定)を確保し続けるためには、いったいどういう方法があるか。

 デディウは数字の面から、この問いに対する答えを次のように書いている。

もし、マイクロソフトが自社のソフトウェアをバンドルしたハードウェアを平均400ドル程度で販売できるとすれば、そして利益を20%程度確保できるとすれば、同社の利益は端末1台あたり80ドルまで回復する。これがSurface発表に踏み切った実際的な同機付けの大きな部分を占めている、というのが私の考えである。

 このデディウの見解は、かなり異端な説であるかもしれない。

 スティーブ・バルマーCEO自らが「SurfaceはWindowsタブレットの勢いに弾みをつけるための『呼び水』にしたい」と発言しているし(註3)、前述のガセーあたりはデディウの結論を「killer conclusion」と評価しつつも、やはりSurfaceは「HPやデルをはじめとするWindows陣営のOEM各社に覚醒を促す」ための新たなハッタリ("posture")ではないかと指摘している(「マイクロソフトにとっては、年間数億台ものハードウェアを自社でつくって売るよりも、OEMを使う方がよほど現実的」という考えには一定の説得力があると思う)(註4)

 現時点でひとつ明らかなのは、この「ポストPC時代」の争いでマイクロソフトが「守勢に立たされている」という点だ。(次ページ「ハードウェアで儲けるアップルの存在」)


註2:ゆっくりとしたペースでの成長

このまま「パソコン中心の時代」が長く続くようなら、マイクロソフトとしてもあたふた動く必要はない。しかし、むろん、現実はそれと正反対であることはいうまでもない。

パソコンがIT産業の脇役になる日 - ZDNet Japan


註3:スティーブ・バルマーCEOの発言

Steve Ballmer on Microsoft Surface: 'we want to prime the pump' - The Verge

最近、Bloomberg Westでも解説役で顔を見せているThe Verge主筆のジョシュア・トポルスキーが書いている。


註4:ジャン・ルイ・ガセーの考え

It's a devious thought, but it could be more realistic than the notion that Microsoft will produce something in the order of 100 million Surface tablets in 2013 in order to keep their dog in the fight.

Microsoft: Apostasy Or Head Fake?

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]