エンタープライズモバイルの時代

スマートデバイス導入における落とし穴--上(デバイス、アプリ編)

千葉友範(デロイト トーマツ コンサルティング) 2013年11月01日 07時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 第1回第2回では、コンシューマライゼーション(消費者化)を背景に、個人利用では既に一般的な存在となったモバイルデバイスが全盛の時代に突入し、今後加速度的に企業においてモバイルデバイスが活用される見込みであることについて言及した。

 モバイルの中でも特にタブレットやスマートフォンなどのスマートデバイスが必要とされるようになったわけと、スマートデバイスを活用できると思われる業種や職種、およびそれらの業種業態におけるユーザーニーズの変化とこれまでの課題について言及してきた。

 第3回となる本稿では、「スマートデバイス導入における落とし穴」と題し、スマートデバイスを成功裡に導入するためのポイントについて、2回にわたり解説する。

 スマートデバイス市場は、コンシューマライゼーションの波を受け、また先駆的に導入をした企業の成功事例に後押しをされ、急加速で拡大してきているのは、読者の皆様も想像に難くないのではないだろうか。

 しかし、近年、ユーザー企業からこんな相談を頂くケースが増えてきた。

ユーザー企業からの主な相談

【導入前】
  • 現場部門からは導入したいというリクエストがある一方で、結局は紙カタログでないと営業としては意味がないと反発を受けている(ユーザー部門)
  • いまのノートPCと何が違うのか良くわからないし、結局二台持ちになって重くて不便(ユーザー部門)
  • やってみたい事は色々とあるが、どこから(どんな機能から)はじめるべきなのかわからない(情報システム部門)
 【導入後】
  • 利用者がなかなか使ってくれない又は、利用が定着していかない(情報システム部門))
  • 導入はしてみたが、経営に効果を説明しろといわれても効果が良くわからない)
  • (ユーザー部門)


タブレット稼働率 出所:タブレット端末利用動向調査2013よりDTC推計

 こうした相談は、スマートデバイスの導入が第2世代を迎えたという事に他ならない。なかでも危惧されるのは、利用されているかどうかという事である。統計情報から稼動率を推計してみると、2013年時点では約57%と約半分は稼動しないという事実が垣間見れる。さらに、別の統計では、スマートデバイスを導入した企業の約半分は、導入効果がなかったまたは、効果があったかどうかわからないと答えている衝撃的なものもある。

 では、せっかくのスマートデバイス導入がこうした状態に陥らないためには、どう対応すべきなのだろうか。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算