売上高を2倍に--「マシンデータをすべての人に」Splunk、2014年事業戦略

齋藤公二 (インサイト) 2014年01月17日 17時33分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Splunkは1月16日、2014年の国内ビジネス戦略に関する記者会見を開催。売上高やユーザー数、パートナー数をそれぞれ2倍にすることを目標にビッグデータやセキュリティ、学術の各分野にフォーカスしていくとした。

 Splunkは2004年に設立された米NASDAQ上場のデータ解析ツールの専業ベンダー。「マシンデータをすべての人に届ける」ことを企業ミッションに掲げ、システムや端末が生成するすべてのデータを収集、検索、分析するための製品として、プラットフォーム製品「Splunk Enterprise」、クラウドサービス「Splunk Cloud」、オープンソースソフトウェアの分散並列処理プログラミングフレームワーク「Apache Hadoop」と連携する「Hunk」などを提供している。


Robert Lau氏

 Splunkアジアパシフィック&日本地域担当バイスプレジデント兼ジェネラル・マネージャーのRobert Lau氏によると、ユーザー数はグローバルで約6400社。テレコム、金融、オンラインビジネスを中心としてテクノロジ企業、政府、教育機関などで利用されている。アジア太平洋地域では約1000社、国内では140社超という。インデックスするデータ量に応じて課金するライセンス体系で、最大ライセンスのデータ容量は200Tバイト超に達しているとしている。

 「会計サービスで知られるIntuitもユーザーの1社で、2013年からSplunkを企業のデータ分析基盤として全面採用することを決めた。事業の効率化、スピードアップというブレークスルーを実現した事例だ」(Lau氏)

 Splunkが対象にするデータは、いわゆるビッグデータのほか、セキュリティ分野でのログ解析やフォレンジックのためのSIEM(Security Information and Event Management)エンジンとしても活用できる。「事業成長のための情報分析、業務効率の改善、ガバナンス・リスク・コンプライアンス(GRC)といったCIO(最高情報責任者)が取り組む、さまざまな課題に対応できる」(Lau氏)という。


中村賢生氏

 2013年11月にカントリーマネージャーに着任した中村賢生氏が国内展開の目標を説明した。国内では、マクニカネットワークスやNTTデータ先端技術を販売代理店として展開を開始し、2012年2月にSplunk Services Japanを設立した。ユーザー数は2011年が50社、2013年が78社、2013年は141社に成長した。

 販売代理店は、伊藤忠テクノソリューションズ、バーチャルコミュニケーションズ、SCSK、日立ソリューションズ、富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ、ソリトンシステムズ、プルーフポイントを加えた計9社となった。

 「2014年の目標として、売上高を前年度の200%、顧客数も2倍を目標にする。そのために組織体制を2倍に拡張し、特に販売パートナーを早い段階で15社に拡大していきたい。パートナー向けサポートも一層強化する」(中村氏)

 フォーカスする分野としては、ビッグデータ、セキュリティ、学術マーケットの3つを挙げた。セキュリティでは「2020年の東京五輪に向けて鉄道や空港といった社会インフラの警備やセキュリィ強化が課題になると考えている」とし、あらゆるマシンデータを収集し、高速に検索してセキュリティを確保するというニーズに応えるという。

 ビッグデータでは、特にマーケティング領域での活用を念頭に置き、誰でも簡単に分析できる基盤として提案していく。学術では、Splunkを大学の教材などとして採用してもらう戦略だという。国内の大学と海外の大学が持つそれぞれのデータを連携させて研究に役立てたり、データ活用を担う人材の育成を支援したりていくという。

 国内の事例としては、統合ログ監視システムにSplunkを採用し脅威を検出、解析している三井物産セキュアディレクション、スーパーコンピュータ「京」の数百ギガバイトのログ管理に利用している理化学研究所、エレベータの監視とデータ分析に採用し保守サービスの向上につなげている日立エレベータを紹介した。


Andy Ho氏

 具体的な製品については、Splunkアジアパシフィック&日本地域担当プロダクトマーケティング・マネージャーのAndy Ho氏が、最新版である「Splunk 6」の特徴と、Hadoop向けSplunkであるHunkを紹介した。

 Splunk 6の特徴は、前版とくらべて分析速度が1000倍向上したことだという。機能面ではピボットやデータモデル、アナリティクスストアと呼ばれる3つの機能が強化されたことで「現場の誰でも簡単に使えるオペレーショナル分析が可能になった」(Ho氏)としている。

 Hunkは、Hadoop内のデータにSplunkの機能を活用することを目的とした製品であり、Hadoopクラスタを指定するだけで、Hadoop内のデータの調査、分析、可視化が可能と説明した。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]