編集部からのお知らせ
新着PDF:「Emotetの脅威」
新着記事まとめ「6G始動?」

クラウドへの移行を成功させるために--知っておきたい6つのキーワード - 5/7

Eileen Brown (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2014-10-03 06:00

コンテンツキャッシング

 コンテンツキャッシングは、最近アクセスされた利用頻度の高いデータを一時的に保存することで、ウェブサイトのパフォーマンスを高める技術だ。データをキャッシュすれば、そのデータはウェブサーバに要求されることがなくなり、ロードバランサーによって処理されるようになる。

 要求への応答時間が短縮され、さらにウェブサーバの負荷も軽減される。

 アプリケーションは、どのデータブロックが頻繁に使用され、キャッシュに残すべきかを判断することができる。キャッシュは、実行中のすべてのインスタンスに分散されるように設定することができ、各仮想マシンインスタンスのデータ冗長を最小限に抑えられる。

コンテンツキャッシング

 コンテンツキャッシングは、最近アクセスされた利用頻度の高いデータを一時的に保存することで、ウェブサイトのパフォーマンスを高める技術だ。データをキャッシュすれば、そのデータはウェブサーバに要求されることがなくなり、ロードバランサーによって処理されるようになる。

 要求への応答時間が短縮され、さらにウェブサーバの負荷も軽減される。

 アプリケーションは、どのデータブロックが頻繁に使用され、キャッシュに残すべきかを判断することができる。キャッシュは、実行中のすべてのインスタンスに分散されるように設定することができ、各仮想マシンインスタンスのデータ冗長を最小限に抑えられる。

提供:Stretch Cloud

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]