編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」
Dreamforce 2014

セールスフォースがBI市場に参入する理由--モバイルアプリ向けPaaSの実態 - (page 2)

田中好伸 (編集部)

2014-10-15 18:45

誰でも使えるBIツール

 今回のDreamforceで発表されたAnalytics CloudとWaveは、こうした認識から開発されたと表すことができる。ただ、SalesforceがSaaS型のBIツールを開発するのは業界の流れとも指摘できる。iPhoneに代表されるスマートフォンの普及は、企業ITの分野に“コンシューマライゼーション”の潮流が生まれ、ビッグデータというキーワードとともに企業内外でコンピュータやセンサから生成されるデータはすべて分析できるものであるという前提があるからだ。

 今回発表されるAnalytics CloudはSaaSであり、その基盤となるのがPaaSのWaveだ。逆に言えば、Waveを基盤としてAnalytics Cloudを開発したのである。Analytics Cloudの特徴としてBenioff氏は「誰でも使えるものだ。(ビジネスアナリストなどの)統計の専門家だけが使うものではない」と説明した。もちろん、iOSやAndroid、Windowsなどの主要な端末に対応している。

 Analytics Cloudは、現在注目されつつあるBIツールと同様にさまざまなデータリソースを瞬時にグラフやチャートなどのビジュアル化する。グラフやチャートなどはダッシュボードで表示でき、ポータル画面に置けば、業務に必要となるデータを直感的に判断できるようになっている。IT部門に頼むことなく「誰でもダッシュボードを作れる」(Benioff氏)

 これらのビジュアル化された「データは双方向で理解することもできる」(製品担当プレジデントのAlex Dayon氏)。つまり、例えば地域ごとや製品ごと、顧客の年令層ごとなどより詳細に知るために、グラフをクリックしてドリルダウンすることで、その現象の理由を理解することもでき、現業部門がIT部門の手助けなくセルフサービス的に使えるデータディスカバリツールとしても活用できる(こうした機能は現在、TableauやQlikViewなど注目されるBIツールでは当たり前となっている)。

ドローン
イベント2日目の基調講演では、デモで作ったモバイルアプリからコーラを注文、そのコーラを“ドローン”で届けるといったことも

 Analytics Cloudの基盤となるPaaSのWaveは、スキーマを作ることなく利用できるという。分析するための事前に加工することなくデータを分析できるとしている。

 Analytics CloudとWaveは試験的に一部のユーザー企業で利用されている。その中の1社である金融大手のGE Capitalは、販売業務向けSaaS「Sales Cloud」やほかのデータを取り込んでマッシュアップして、社内マイクロブログ「Salesforce Chatter」を活用して、業務プロセスに統合していると説明した。

 WaveはSAPやOracleなどの構造化データを取り込むこともできる(Analytics Cloudでも同様)。PaaSであるWaveは、Salesforce以外の第三者のソフトウェアベンダーなどがBIツールを構築することができるようになっている。

 30社以上がWave上のエコシステムにすでに参加していることが発表されている。例えばInformaticaはデータインテグレーターとして、同社のETLツールを活用することでSAPやOracleのソフトウェアに蓄積されたデータをWaveに取り込めるようにしたと発表している。

 システムインテグレーターとしてはAccentureやDeloitte DigitalなどがWave上にシステムを構築することを表明。独立系ソフトウェアベンダー(ISV)としてAxedaやDun & Bradstreet、FinancialForceなどがWaveのエコシステムに参加することを明らかにしており、Wave上で稼働するBIツールが提供されることになっている。

 Analytics Cloudは英語版が10月20日から一般的に利用できる。そのほかの言語は順次利用が予定されている。Wave上で稼働するモバイルアプリはiOS端末で利用できるようになり、その後ほかのモバイルOSでの対応が予定されている。

 PaaSのWaveは月額料金で利用できる。月額料金は「Wave Explorer」と「Wave Builder」の人数に課金される。

 Wave Explorerは、データを分析したり見たりするとともにダッシュボードを作ったり共有したりできる、いわばエンドユーザー向けライセンスであり、1人あたり月額125ドル。Wave Builderは、Waveに導入するデータセットを作成、展開するとともにアクセスするエンドユーザー(つまりWave Explorer)を管理する管理者向けライセンスであり、1人あたり月額250ドルとなっている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]