編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

さらなる速さを求めて--世界の最速スパコン、トップ6 - 6/6

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 川村インターナショナル

2014-12-27 06:00

CSCS Piz Daint

 スイス国立スーパーコンピューティングセンター(CSCS)の「Piz Daint」は、欧州最速のスーパーコンピュータであり、世界では第6位にランクインした。スイスのルガノコルナレードに設置されている同コンピュータは、Cray設計をベースとしている。

 これまでの最高速度は6.3ペタフロップス。この速度を可能にしているのは、Intelの2.6GHzの「Xeon E5-2670 8C」プロセッサだ。これらのプロセッサは「cK20x」コプロセッサと組み合わされている。ビデオゲームの高速化に利用されるグラフィックコプロセッサに関連づけられることが多いが、こうしたハイエンドプロセッサは動的なグラフィックスというより、最高のサーバ演算性能を実現するために設計されている。

 とはいえ、つい想像してしまうのだが、たとえば「Mass Effect 2」をこれで動かしたらどうなるのだろうか。


【関連記事】
スパコンの性能向上ペースが鈍化--中国の「天河2号」は「TOP500」で4連覇
スパコンランキング「TOP500」の97%はLinuxが独占
スパコンの省エネランキング「Green500」発表--日本勢の気になる順位は
米エネルギー省、世界最速のスパコン開発へ--IBMとNVIDIAらを指名

CSCS Piz Daint

 スイス国立スーパーコンピューティングセンター(CSCS)の「Piz Daint」は、欧州最速のスーパーコンピュータであり、世界では第6位にランクインした。スイスのルガノコルナレードに設置されている同コンピュータは、Cray設計をベースとしている。

 これまでの最高速度は6.3ペタフロップス。この速度を可能にしているのは、Intelの2.6GHzの「Xeon E5-2670 8C」プロセッサだ。これらのプロセッサは「cK20x」コプロセッサと組み合わされている。ビデオゲームの高速化に利用されるグラフィックコプロセッサに関連づけられることが多いが、こうしたハイエンドプロセッサは動的なグラフィックスというより、最高のサーバ演算性能を実現するために設計されている。

 とはいえ、つい想像してしまうのだが、たとえば「Mass Effect 2」をこれで動かしたらどうなるのだろうか。


【関連記事】
スパコンの性能向上ペースが鈍化--中国の「天河2号」は「TOP500」で4連覇
スパコンランキング「TOP500」の97%はLinuxが独占
スパコンの省エネランキング「Green500」発表--日本勢の気になる順位は
米エネルギー省、世界最速のスパコン開発へ--IBMとNVIDIAらを指名

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]