編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

サイバー攻撃の新たな標的は?--2015年ITセキュリティ10大予測 - 3/10

Charlie Osborne (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2014-12-10 06:00

新たな脆弱性が発見される
 今年は「Heartbleed」、OpenSSLのセキュリティホール、「bash」の「Shellshock」バグなどの話題がセキュリティ関連ニュースのヘッドラインを飾ったが、2015年にはこの種の問題がさらに表面化するだろう。政府や企業で使われているシステムの多くは、オープンソースのコードをベースにしている。これは、その方が実装コストが安く済むからだ。そのため、もしそういった価値の高いネットワークに利用されている部分にセキュリティホールが存在すれば、それらの脆弱性を悪用する攻撃方法が現れる可能性が高い。

新たな脆弱性が発見される
 今年は「Heartbleed」、OpenSSLのセキュリティホール、「bash」の「Shellshock」バグなどの話題がセキュリティ関連ニュースのヘッドラインを飾ったが、2015年にはこの種の問題がさらに表面化するだろう。政府や企業で使われているシステムの多くは、オープンソースのコードをベースにしている。これは、その方が実装コストが安く済むからだ。そのため、もしそういった価値の高いネットワークに利用されている部分にセキュリティホールが存在すれば、それらの脆弱性を悪用する攻撃方法が現れる可能性が高い。

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]