編集部からのお知らせ
新着の記事まとめPDF「NTT」
おすすめ記事まとめ「MLOps」
デジタルバリューシフト

データは「通貨」だ--IoT/IoEで到来するデータエクスチェンジの時代 - (page 3)

林大介

2015-07-01 07:00

データが集まると「引力」を持つ

 質量の大きい天体が大きな引力を持つように、データもたくさん集まることで他のデータを引き寄せる力を持つ。これをデータの「グラビティ」と呼ぶ。トラフィックが集まり、データが集まり、そしてアプリが集まるところにビジネスが集中するのは想像に難くない。

 あのAppleでさえ、地図というデータを自社のコンテンツにする際には大きな犠牲を払ったのである。Appleが地図ビジネスに参入した当時(2012年)から現在に至るまでGoogleが持つ地図データのグラビティは強大であり、他社の追随を許していない。

 そしてデータグラビティはデータの量だけで決まるのではない。むしろ、量よりも「質」が重視されるだろう。筆者はデータの質を決める5つの要素を以下のように捉えている。

  1. 最適性(Optimized):データが扱いやすい形に最適化されていること
  2. オープン性(Open):世界中で取引可能であること
  3. 時刻の正確性(On Time):時系列が正確であること
  4. オンデマンド性(On Demand):必要なときに必要な分だけ入手できること
  5. 客観性(Objective):主観性が除かれた正確なデータであること

 それぞれ“O”で始まることから、「データ品質の5O(ファイブオー)」としたい。全てを満たしている必要はないが、それぞれを高いレベルでそろえることでグラビティは増していく。先述したGoogleの地図サービスはこの5点を完全に網羅していることがおわかり頂けるだろう。

 自社が「良品質かつ大量の(=グラビティの大きい)」データを保有することは、「強い」通貨を持つことと同義である。データ流通市場での存在感が増し、データがデータを誘引してさらにグラビティを増す好循環が生まれるであろう。

 極端な例だが、欧州の複数の自動車会社が結託し、自動車製造に関するあらゆる情報を流通可能にしたらどうなるであろうか。何回見学してもどうせ自社ではマネできないトヨタの“カイゼン”よりも、データさえ出せば仲間に入れてもらえて、実利を得ることができる連合に世界中の自動車会社が集まってしまうことも十分にありうる。

 トヨタがこの連合に加わることは難しいだろう。そしていつの日か、その連合が持つ集合知がトヨタのカイゼンを上回る日がやってくるかもしれない。これがデータグラビティの怖さである。もともと強いデータグラビティを持つ企業はそのデータを隠匿するのではなく、むしろ「強いうちに」市場に出して流通を支配するべきなのである。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]