編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

2020年までに世界最先端IT国家に--日本政府の戦略

林 雅之

2015-07-28 07:00

 内閣官房の高度情報通信ネットワーク社会推進戦略本部(IT総合戦略本部)は6月30日、これまでの2年間と急速に進展するモノのインターネット(IoT)や人工知能などによるデジタル化への変化を踏まえ、2020年までに世界最高水準のIT活用社会の実現と、成果の国際展開を目標としたIT戦略の基本方針となる「世界最先端IT国家創造宣言」の改訂版を閣議決定した。

 この記事では、「世界最先端IT国家創造宣言」の改訂版のポイントと、新規施策を中心に紹介する。

 日本は65歳以上の高齢者人口が21%を超えた超高齢社会を迎え、労働人口の減少や、社会保障給付費の増大、自然災害対策、社会インフラの老朽化など、多くの社会課題に直面している。これらの山積する社会課題に対して世界でも類を見ない「課題解決型IT利活用モデル」を構築することで、国民が真の豊かさを実感できる社会の実現を目指す。


(出所:世界最先端IT国家創造宣言 改訂版 2015.6.30)

 内閣官房は、政府の成長戦略である日本再興戦略に掲げる目標達成にも寄与し、標準化による汎用性や継続性の深化(横串展開)と各種領域での革新性の誘発という視点も加味し、以下のITを活用した課題解決型に向けた4項目を柱に掲げている。

  1. IT利活用の深化により未来に向けて成長する社会
  2. ITを利活用したまち・ひと・しごとの活性化による活力ある社会
  3. ITを利活用した安全・安心・豊かさが実感できる社会
  4. ITを利活用した公共サービスがワンストップで受けられる社会

 それぞれ4つの項目についての取り組み概要を紹介する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]