編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

Windowsの変遷を画像で振り返る--「Windows 1.0」から「10」まで

ZDNet Staff 翻訳校正: 川村インターナショナル

2015-07-30 06:30

 30年にわたる「Windows」の歴史を彩った主要リリースの数々を画像とともに紹介する。

Windows 1.0
(1985年11月20日リリース)

 Windows(当初の開発コード名は「Interface Manager」)は1983年、Bill Gates氏によって発表されたが、出荷が開始されたのは1985年11月20日のことだ。最初のバージョンは、Microsoftのコマンドライン「Disk Operating System」(DOS)のフロントエンドだった。

 「Windows 1.0」はウィンドウをタイル状に表示することしかできなかったが、「MS-DOS Executive」ファイルマネージャや「Calendar」「Cardfile」「Notepad」「Terminal」「Calculator」「Clock」などのデスクトップ機能を備えていた。



 ユーティリティには、PCの640Kバイトのメモリ上限を超えるメモリカードを管理する「RAMDrive」や、「Clipboard」「Print Spooler」などがあった。ゲームの「Reversi」も用意されていた。Windows 1.0は「Windows Write」と「Windows Paint」を同梱しており、販売価格は99ドルだった。

 30年にわたる「Windows」の歴史を彩った主要リリースの数々を画像とともに紹介する。

Windows 1.0
(1985年11月20日リリース)

 Windows(当初の開発コード名は「Interface Manager」)は1983年、Bill Gates氏によって発表されたが、出荷が開始されたのは1985年11月20日のことだ。最初のバージョンは、Microsoftのコマンドライン「Disk Operating System」(DOS)のフロントエンドだった。

 「Windows 1.0」はウィンドウをタイル状に表示することしかできなかったが、「MS-DOS Executive」ファイルマネージャや「Calendar」「Cardfile」「Notepad」「Terminal」「Calculator」「Clock」などのデスクトップ機能を備えていた。



 ユーティリティには、PCの640Kバイトのメモリ上限を超えるメモリカードを管理する「RAMDrive」や、「Clipboard」「Print Spooler」などがあった。ゲームの「Reversi」も用意されていた。Windows 1.0は「Windows Write」と「Windows Paint」を同梱しており、販売価格は99ドルだった。

提供:Microsoft

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]