編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

Windowsの変遷を画像で振り返る--「Windows 1.0」から「10」まで - 9/18

ZDNet Staff 翻訳校正: 川村インターナショナル

2015-07-30 06:30

Windows Me
(2000年9月14日リリース)

 Millennium Edition(Me)はDOSベースの「Windows 9x」シリーズの最後の製品だった。

 Windows 95や98と違って、MeはリアルモードDOSをサポートしなかったが、システムを安定していたときの状態に戻すことができる便利な「System Restore」(システムの復元)機能を備えていた。とはいえ、Windows Meは急いでリリースされたため、バグが多く、頻繁にクラッシュすることでも有名だった。そして、Meよりはるかに高性能なNTベースの「Windows XP」にすぐに取って代わられた。

 Windows Meの最低システム要件は150MHzの「Pentium」プロセッサ(300MHzを推奨)、32MバイトのRAM(64Mバイトを推奨)、320Mバイトのハードディスク領域(2Gバイトを推奨)だった。認識できるRAMの上限は1.5Gバイトだった。

Windows Me
(2000年9月14日リリース)

 Millennium Edition(Me)はDOSベースの「Windows 9x」シリーズの最後の製品だった。

 Windows 95や98と違って、MeはリアルモードDOSをサポートしなかったが、システムを安定していたときの状態に戻すことができる便利な「System Restore」(システムの復元)機能を備えていた。とはいえ、Windows Meは急いでリリースされたため、バグが多く、頻繁にクラッシュすることでも有名だった。そして、Meよりはるかに高性能なNTベースの「Windows XP」にすぐに取って代わられた。

 Windows Meの最低システム要件は150MHzの「Pentium」プロセッサ(300MHzを推奨)、32MバイトのRAM(64Mバイトを推奨)、320Mバイトのハードディスク領域(2Gバイトを推奨)だった。認識できるRAMの上限は1.5Gバイトだった。

提供:Microsoft

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]