編集部からのお知らせ
記事PDF集:官民意識のゼロトラスト
電子インボイスの記事まとめ

Windowsの変遷を画像で振り返る--「Windows 1.0」から「10」まで - 2/18

ZDNet Staff 翻訳校正: 川村インターナショナル

2015-07-30 06:30

Windows 2.0
(1987年12月9日リリース)

 このバージョンより、ウィンドウを重ねて表示することが可能になり、16色VGAグラフィックスがサポートされた。「Control Panel」とWindowsにDOSアプリケーションの実行するための設定情報が記述された「Program Information File」(PIF)もこのバージョンで初めて登場した。「Windows 2.0」は「Microsoft Word」および「Microsoft Excel」アプリケーションをサポートする最初のWindowsプラットフォームでもあった。

 Windows 1.0と同様、Windows 2.0もハードディスクを搭載しないデュアルフロッピードライブPCで動作可能だった。Windows 2.0はリアルモードメモリモデルを採用しており、メモリアクセスの上限は1Mバイトだった。

 オーバーラップウィンドウなど、複数の「Mac」風機能が搭載されたことで1988年にAppleに提訴されたが、最終的にはMicrosoftに有利な判決が下った。

Windows 2.0
(1987年12月9日リリース)

 このバージョンより、ウィンドウを重ねて表示することが可能になり、16色VGAグラフィックスがサポートされた。「Control Panel」とWindowsにDOSアプリケーションの実行するための設定情報が記述された「Program Information File」(PIF)もこのバージョンで初めて登場した。「Windows 2.0」は「Microsoft Word」および「Microsoft Excel」アプリケーションをサポートする最初のWindowsプラットフォームでもあった。

 Windows 1.0と同様、Windows 2.0もハードディスクを搭載しないデュアルフロッピードライブPCで動作可能だった。Windows 2.0はリアルモードメモリモデルを採用しており、メモリアクセスの上限は1Mバイトだった。

 オーバーラップウィンドウなど、複数の「Mac」風機能が搭載されたことで1988年にAppleに提訴されたが、最終的にはMicrosoftに有利な判決が下った。

提供:Microsoft

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]