編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

キヤノンITソリューションズと富士通、SoE領域のシステム開発で協業 - (page 2)

大河原克行

2017-01-25 12:02

 2005年の発売以来、SoR領域を中心に、これまでに国内570社に導入された実績を持つ。これまでに年1回のペースで機能強化を図ってきたが、2016年7月に、出荷開始以来、初のメジャーバージョンアップとなるVer.2へと進化。外部連携機能を強化する一方、データグリッド機能による高速なデータ表示を実現したり、アプリケーションのデータをもとに、自動的にグラフ表示する機能などを新たに追加。ウェブアプリケーションの自動生成などにより、社会環境の変化に対応した迅速なリリースや、共創型アジャイル開発に対応した開発ツールへと大幅に進化。SoE領域での活用も視野に入れることができるようになった。

データグリッド/グラフ/Webフォント
データグリッド/グラフ/Webフォント

 今回の協業により、Enterprise PostgresとWeb Performerとを連携したシステム開発が可能であり、「迅速な開発ツールの提供により、モバイルやクラウドのICT技術を利用しながら、俊敏かつ持続的な対応が求められるSoE領域でのシステム開発を支援するとともに、競争優位を獲得するためのイノベーション創造を支援できる」(キヤノンITソリューションズ SIサービス事業本部ソリューション推進センターソリューション企画第ニ部ソリューション企画第一課・山田真穂氏)としているほか、「いずれの製品も、サブスクリプションライセンスでの利用が可能なため、スモールスタートにより、段階的にシステムを拡大することができる」とした。

 富士通 ミドルウェア事業本部の藤原隆本部長は、「SoE領域に向けて、Web Performerの持つ開発生産性や柔軟性と、富士通のEnterprise Postgresによる高性能および高信頼を実現したソリューションを積極的に展開していく」と語っている。

 Web Performerの最小システム構成は、380万円から。スモールスタートの顧客向けに、初年度に限定して120万円で提供する。また、Enterprise Postgresのライセンス価格は、21万2000円からとなっている。

 キヤノンITソリューションズでは、今回の協業にあわせて、約25人で構成する専門営業体制を構築。約200人のシステムエンジニアによるサポート体制を整える予定。また、富士通とは、今後、販売パートナー契約を結ぶ予定で、Web Performerの販売に弾みをつける考えであるほか、今後は、システムインテグレータとの連携も図る考えであり、国内企業へのWeb Performerの導入拡大を目指す。

 今後、Web Performerを中核とするSIソリューション事業で2020年に売上高50億円を目指しており、これにより、同年までに、Web Performerの国内導入を、1000社にまで拡大する考えだ。

 なお、Web Performerは、富士通のビジネスアプリケーション基盤「FUJITSU Software Interstage Application Server」とも連携が可能であり、継続的にSoR領域における導入提案も行っていくという。

 一方、キヤノンITソリューションズでは、2月9日に、東京・天王洲の同社本社において、今回の協業にあわせて、Web Performerに関する導入セミナーを開催する予定だ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]