編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」
展望2020年のIT企業

サイボウズの青野社長の「複業のススメ」

田中克己

2017-03-27 07:30

 サイボウズの青野慶久社長は社員に“複業”を薦める。給与不足を補うイメージの副業ではなく、複数の企業で働く複業のこと。オープンイノベーションや新ビジネスの創出などにつながると期待される複業を、青野社長は多くの経営者らにも採用を働きかけている。

退職者増加に危機感募らせる

 サイボウズが複業を認めた背景に、退職者の増加があった。毎年の離職率は10%から20%強だったが、青野氏が社長に就任した2005年は28%に上昇した。

 「IT業界なので、引き抜きもあるので、いいのかなあと思っていたが、さすがに28%はまずい」と感じた青野社長は、対策を練る。だが、辞める理由を調べたら、人によって異なる。たとえば、給与の不満なら上げるとかの対策を打てるが、1つひとつ異なるすべての不満に応えるのは難しい。

 青野社長の結論は、多様性を重視する「100人いれば、100通りの人事制度にすること」。同じルールに則った人材ばかりを採用していたら、同じ顔の金太郎飴になってしまう。終身雇用は終わり、働く場所や時間を選択する時代になりつつある。そこで、約10年前に働き方を改める。さらに約3年前には、複業を認める就業規則に変更する。「パソコンなどの会社資産を使う場合以外、申請の必要はない」(青野社長)。

 目下のところ、技術誌への寄稿、ユーチューバー、小説家、農業など自営業的なものが多くを占めているという。

 複数の企業で働く複業社員も2人以上現れる。農業も手がける社員は、ITの知識を生かして、営業の案件管理から出荷までのワークフローを開発するなど、農業の生産性向上にも貢献しているという。サイボウズの開発ツールをベースに開発した同ワークフローは、結果的にサイボウズの農業市場の開拓にもつながったという。

 もう1人は、マーケティングの責任者だ。青野社長は50歳を過ぎた同氏のキャリアを考えて、複業を薦めたところ、「私は当社に必要のない人材なのか」と問いただされた。「いろんな経験やスキルを積むことなどと説いたところ、元々、弱者の支援に関心があったことに気がついた彼は、福祉系企業の顧問に就いた」という。異業種の知識が掛け合わさって、いずれ福祉などの市場開拓を期待できるのかもしれない。

 もちろん、社員個人のメリットもある。1社では得られない知見やスキル、そして人脈を得られること。自分自身のモチベーションも上げられるだろう。ただし、複業社員は今、働いているところを社内に伝える。例えば、スケジュールを公開し、「当社の仕事をやっていないのではと、多くの社員に疑問を抱かれることを避ける」(青野社長)。公明正大にするということだ。

 一方、会社のメリットはオープンイノベーションにある。社外の知識を取り込めるし、異能な人材を集められる。農業もする社員は、サイボウズに複業制度があったから転職してきたそうだ。離職率は年々下がり、2016年は5%弱になったという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]