展望2020年のIT企業

有力なAI企業を目指し、経営統合するAIベンチャー

田中克己 2017年09月25日 07時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 AIベンチャーのエクサインテリジェンスと介護×AIを展開するデジタルセンセーションが2017年10月にも合併する。超高齢化など社会の課題解決にAIを活用する有力なAI企業を目指し、経営統合に踏み切ったという。

 統合後の存続会社となるエクサインテリジェンスの社長に就く予定のデジタルセンセーション取締役COOの石山洸氏は、AIプラットフォームの提供開始により、製造と医療中心だったAIソリューションの品揃え強化とAI活用の普及を図っていく考えを明かす。

AIソリューションを拡充するエクサインテリジェンス

 リクルートを退社した石山氏がデジタルセンセーションに入ったのは、今年3月のこと。受託開発から自社商品の開発、提供へと転換するため、石山氏の移籍とともに構造改革に必要な資金をこの5月に調達した。調達先の1つのベンチャーキャピタル(VC)の代表が、エクサインテリジェンス会長兼社長の春日真氏だったのが縁になった。

 「両社は別々の道を歩んできたが、共通の思いがあった」(石山氏)。テクノロジをどう生かすかにフォーカスしていること。簡単に言えば、AI技術の研究開発ではなく、AIを活用して、社会の課題を解決したり、新しいビジネスを創り出したりすること。その適用領域を広げるとともに、提供するサービスの拡充が経営統合の狙いの1つだという。

 DeNA元会長の春日氏が2016年2月に立ち上げたエクサインテリジェンスは、京都大学や大阪大学出身のAIエンジニアを中心に、主に製造業と医療業界向けAIソリューションを提供する。わずか創業1年半の間に、自動車メーカーとは物体の状態検出、エネルギー会社とは設備の腐食部の自動検出、医療機関とは心臓狭窄の診断支援システム、といったAIソリューションを開発する。人材マッチング、飲食店向けシフトスケジュール管理にもAIを組み込んだりもした。

 加えて、それらソリューションをベースに開発したAIアプリ開発に必要な学習済みモデルのAIプラットフォームexaBaseの提供を8月末に開始した。異常検知など14種類の活用シーンと、画像・動画解析など5種類の利用技術を用意するexaBaseは、AIアプリの開発期間を半減させるなど、AI導入を加速させるものだという。AIエンジニアが不足する中で、経営などに携わる者らにAI活用をイメージしやすくし、AI活用を普及させるものでもある。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算