編集部からのお知らせ
新着PDF:「Emotetの脅威」
新着記事まとめ「6G始動?」

MIJS企業訪問(第24回)NTTデータ イントラマート--MIJSにシステム開発の共通基盤を提供 - (page 3)

宍戸周夫(テラメディア)

2008-02-06 16:00

 技術部会では、「システム標準化の策定」部会のリーダーとして、同社経営企画室長の田中秀明氏が活動している。

 「部会には各社とも上級のエンジニアが出てくるので、話がはじけています。しかも、もともと参加している会社自体がやるという方向で決まっていますので、その話も早いですよね。これまでよくあったような単なる勉強会という組織とは雰囲気が全然違います」

 中山氏が言葉を続ける。

 「たとえばデータ連携ではマスタ同士を連携するというだけではなく、最初からひとつの共通マスタを決めてしまった方がいいかもしれません。intra-martのフレームワークの中には社員マスタ、取引先マスタ、商品マスタというようなものが用意されており、それをMIJSの標準マスタとして定義していくことも考えられます。連携というより、最初からひとつのマスタとして動くようになればよりスムーズですので、そのような検討を始めようとしているところです」

 MIJSに参加することで、同社自身も数多くのベンダーと連携が可能になった。しかも、SIer中心のこれまでのパートナーと違って、パッケージベンダーとは横の連携ができる。

 「MIJSで初めてできた横の連携は、これまでのSIベンダーのような縦の連携とはまた違った意味があると期待しています。特に、技術部会の3つのテーマのうち、横の連携を実現する技術基盤の部分でintra-martが果たす役割は高いと考えています」

 さらにSaaS(Software as a Service)でも、同社は今後新たな基盤を提供する計画。NTTデータ イントラマートの取り組みはMIJSの取り組みと一体化しているように見える。

田中秀明氏 経営企画室長の田中秀明氏

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

関連記事

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]