編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら
大河原克行のエンプラ徒然

MSの研究開発を画で見る--第3回:Kinectを中心としたナチュラルUIの進化

大河原克行

2013-11-07 12:00

 中国・北京で開催された「Microsoft Research Asia Innovation Day 2013」では、20以上の研究成果が発表された。その展示内容を紹介する3回目では「ナチュラルユーザーインターフェース(NUI)」のゾーンに展示されていた研究成果を紹介する。デバイス&サービスカンパニーへの転換を図る同社の方向性を示す展示も含まれていた(第1回、第2回)。
ナチュラルユーザーインターフェース(NUI)
 モーションコントローラ「Kinect」の一部技術の開発に携わるなど、Microsoft Research Asia(MSRA)は、NUIでは長年の経験を持つ。同社では、NUIを直感的により自然に操作できる技術とし、「ナチュラル(自然)であるということは、いわば不自然さを排除することにある」と定義する。操作の中心に人間を配置し、技術と対話するためのインターフェースがNUIであり、どんな状況でもシームレスにコンピューティングを活用するための重要な技術になるとしている。
 「NUIは、高度にパーソナライズされた経験と技術で、より自然な対話が可能になる。医療分野での活用、ゲームなどでの活用、日常生活での活用など、すべての領域で求められる技術になる。これは、Microsoftや業界のためだけでなく、消費者に絶好のコンピューティング利用機会を提供するものになる」
3D Facial Expression Tracking
 ウェブカメラで撮影した顔を3Dのアバターとして表示する(写真)。ウィンクしたり、笑ったり、唇をすぼめたり、ふくれっ面をしたりといった動きをリアルタイムで反映する。ユーザー自身の気持ちをアバターで表現できるのが特徴だ。
 事前定義されたシーケンスをもとに、トレーニングデータを使用して、ビデオから顔の動きや表現を推論する機械学習アルゴリズムを使用することで微妙な表情の変化を再現する。PCやタブレット、スマートフォンといったほとんどの端末で利用が可能だという。この技術を利用することで、人の表情の変化をとらえて、それにあわせてデバイスが応答をするといった活用にも発展できるという。

 中国・北京で開催された「Microsoft Research Asia Innovation Day 2013」では、20以上の研究成果が発表された。その展示内容を紹介する3回目では「ナチュラルユーザーインターフェース(NUI)」のゾーンに展示されていた研究成果を紹介する。デバイス&サービスカンパニーへの転換を図る同社の方向性を示す展示も含まれていた(第1回第2回)。
ナチュラルユーザーインターフェース(NUI)
 モーションコントローラ「Kinect」の一部技術の開発に携わるなど、Microsoft Research Asia(MSRA)は、NUIでは長年の経験を持つ。同社では、NUIを直感的により自然に操作できる技術とし、「ナチュラル(自然)であるということは、いわば不自然さを排除することにある」と定義する。操作の中心に人間を配置し、技術と対話するためのインターフェースがNUIであり、どんな状況でもシームレスにコンピューティングを活用するための重要な技術になるとしている。
 「NUIは、高度にパーソナライズされた経験と技術で、より自然な対話が可能になる。医療分野での活用、ゲームなどでの活用、日常生活での活用など、すべての領域で求められる技術になる。これは、Microsoftや業界のためだけでなく、消費者に絶好のコンピューティング利用機会を提供するものになる」
3D Facial Expression Tracking
 ウェブカメラで撮影した顔を3Dのアバターとして表示する(写真)。ウィンクしたり、笑ったり、唇をすぼめたり、ふくれっ面をしたりといった動きをリアルタイムで反映する。ユーザー自身の気持ちをアバターで表現できるのが特徴だ。
 事前定義されたシーケンスをもとに、トレーニングデータを使用して、ビデオから顔の動きや表現を推論する機械学習アルゴリズムを使用することで微妙な表情の変化を再現する。PCやタブレット、スマートフォンといったほとんどの端末で利用が可能だという。この技術を利用することで、人の表情の変化をとらえて、それにあわせてデバイスが応答をするといった活用にも発展できるという。

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. windows-server

    伝説の「ひとり情シス」が解説、5つのステップで実現できる“ミニ仮想環境”構築 指南書

  2. コミュニケーション

    在宅勤務・テレワークで効果を発揮! SB C&Sが明かすTeams活用事例

  3. 運用管理

    3つの業界それぞれの「バックアップ」に関する課題と解決方法をわかりやすくマンガで解説

  4. 運用管理

    3層構造のITでは、なぜDXが進まないのか--ある中堅製造業はいかにDXの第一歩をスタートさせたか?

  5. 仮想化

    なぜ多くの企業が仮想デスクトップへの移行を急いでいるのか?その理由と最適なDaaSを知る

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]