モノのインターネットの衝撃

モノのインターネットの衝撃

怒賀新也 (編集部) 田中好伸 (編集部) 2014年01月01日 00時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

選手の疲労をチップで把握

 「彼に疲れが見えるので、交代させて試合のリズムを変えよう」

 サッカーのドイツブンデスリーガ、TSG 1899 Hoffenheim(ホッフェンハイム)では、選手が、すねを守るためにソックスの内側につけているレガースに通信機能つきのセンサチップを付け、チップから情報が送られてくるようにしている。足が重くなればそのまま数値で把握されてしまうため、選手としてはいささかプレッシャーを感じるかもしれない。その情報を把握して、監督が采配に生かしている。

 Hoffenheimは、選手の疲労の把握だけでなく、スタジアムの鉄柱などさまざまな場所にチップを取り付け、試合中を含めてさまざまな角度から無数の情報を集めている。それをSAPのインメモリデータベースである「HANA」を使ってリアルタイム分析し、試合の状況の把握や選手交代などに役立てているのだ。

[ドイツブンデスリーガのTSG 1899 Hoffenheimでは選手がレガースに通信機能つきのチップを付けている]


Internet of Thingsとは何か

 2014年の元日を迎えた。テクノロジはどんなテーマを持ち、どんな方向に進んでいくのか。ZDNet Japanは、1つのキーワードに注目する。「Internet of Things(IoT)、モノのインターネット」と呼ばれている領域だ。

 人と人の通信から、人と機械、さらに機械と機械が通信し、プロセスを自動化させるM2M(Machine to Machine)に注目が集まっており、IoTはそれをベースに語られることが多い。これまでネットワークとは無縁と思われていたようなモノがネットワークとつながることで、従来型ビジネスの効率化だけでなく、新産業の出現、消費者の新たなライフスタイルの登場などが期待されている。

 「サッカーの監督向け情報サービス」もその1つかもしれない。自動車の自動運転技術や車両の管理なども有力だ。「未来のクルマ」に向けて、すでにトヨタ自動車や日産自動車などが、大手IT企業と共同でIoTに取り組んでいる。

 自動車を「端末」に見立て、モバイルネットワーク上で複数の自動車を管理することで、リアルタイムの輸送状況を把握。より多くの荷物を最短時間、最短距離で運ぶような輸送計画を自動的に立てるといったサービスも、実現している。

自動車がネットワークにつながることで新たに生み出されるサービスはさまざま
自動車がネットワークにつながることで新たに生み出されるサービスはさまざま

日本での市場規模は76兆円

 来客、需要などの「予測」は、これまでのITが絶えず突き付けられてきた要求だった。だが、モノのネットワーク接続とリアルタイムの分析技術が、発想を根本的に変えるかもしれない。予測するのではなく、現実に起きている事柄を基に、計画を立てる――この転換の影響範囲は計り知れない。産業機械やサプライチェーンの仕組みといった企業側にとどまらず、消費者も巻き込む。小売業なら、店舗への顧客の来店を検知し、顧客のスマートフォンに向けてリアルタイムのプッシュ型キャンペーンを打つといった取り組みが想定されている。

 モノのインターネットが生み出す影響の大きさは、予想されている経済規模に一端が表れている。米IDCは、2020年におけるIoTの予想市場規模を8兆9000億ドル(約900兆円)と予測。センサ、ネットワーク、モバイル、リアルタイム分析技術が集まることで、ITの担当範囲は、既存のIT部門のものを軽く越え、産業を横断すようなものになる。

シスコシステムズの社長、平井康文氏。今年2月には新経済連盟でM2Mのワーキンググループを立ち上げる予定だ
シスコシステムズの社長、平井康文氏。今年2月には新経済連盟でM2Mのワーキンググループを立ち上げる予定だ

 シスコシステムズは、IoTの発展形として「Internet of Everything」を打ち出している。独自試算で、世界でのその経済価値を2013年から10年間で14兆4000億ドルと算定。日本市場では、うち5%の7610億ドル、日本円で76兆1000億円が生み出されるとする。

 76兆1000億円の内訳は、資産の使用効率が8兆1000億円、社員の生産性が4兆6000億円、サプライチェーンが18兆1000億円、顧客、サービスが21兆3000億円、イノベーションが23兆9000億円だ。これを、導入事例の側面から見ると、製造業の工場における「スマートファクトリー」が13兆9000億円、つながることによる「マーケティングや広告」が10兆7000億円、「製品開発イノベーション」が7兆1000億円、「スマートグリッドや省エネルギー」が5兆8000億円という上位4分野を挙げている。

 シスコシステムズの社長、平井康文氏は、工場、小売業、特に「医療と教育に期待している」と話す。電子カルテやテレビ会議システムなどを用いた遠隔医療により、地方の医療環境を改善していきたいとしている。

 インターネットに接続する装置をインストールベースで数えているというIMS Researchによると、2010年のインターネット接続端末数は50億だった。シスコの予測では、2015年には250億、2020年には500億に達する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化