クラウドの値打ち

クラウドの先--「成果報酬型ITシステム」への道(前編) - (page 2)

戸賀慶 小原 誠

2016-11-07 07:00

「マルチスピードIT」に求められるもの

 マルチスピードITを支えるITインフラストラクチャには、「従来型IT」に分類される既存ビジネスを支えるシステムの安定的な継続に加えて、「New IT」に分類されるデジタルビジネスを実現するシステムの、柔軟かつ迅速な立ち上げが求められている。

 このように安定性と迅速性という一見トレードオフの関係にみえる要件を両立させるためには、ITインフラストラクチャの構成要素を適時かつ適材、適所で組み合わせる必要がある。さらにそれらを統合的、自動的に運用保守し、システムのライフサイクルにあわせて継ぎ目なく移行可能なことが肝要である。

 特に、TTM短縮を至上命題とし、試行錯誤を繰り返すデジタルな事業に対応するには、固定長、固定支出的なITインフラストラクチャではなく、急激なサービス規模の伸張・縮小に、モノ(物品)やヒト(運用保守)が対応可能であることが求められる。また、カネ(IT費用)もリソース(モノ・ヒト)の消費量に追従して変動可能なモデルであることが肝要である。

 そこで、「マルチスピードIT」を支えるITインフラストラクチャの鍵となるのが、「クラウド(ITインフラストラクチャの「利用」)」なのである。

 このようなマルチスピードITを支えるITインフラストラクチャに求められる6つの機能と、それにより得られるものをまとめた概念図「インテリジェント ビジネス クラウド」を以下に示す(図2)。

インテリジェントビジネスクラウドの概念図
図2:インテリジェントビジネスクラウドの概念図

 マルチスピードIT時代に対応した新たなITインフラストラクチャへの変革には、新たなテクノロジやサービスを導入するだけではなく、それに対応した組織・プロセス・文化(Dev & Opsなど)への変革や、IT費用負担の考え方(チャージバック/ショーバック)の整理も避けては通れない。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]