編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「IBM分社のキンドリル」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

国家関与の高度で危険な18のマルウェア - 4/18

Catalin Cimpanu (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子 石橋啓一郎

2019-08-16 06:30

Shamoon

 米国以外で開発されたマルウェアとして今回の記事に初登場するのは「Shamoon」だ。Shamoonはイランの国家支援を受けたハッカーらによって開発されたマルウェアだとみられている。同マルウェアが最初に登場したのは2012年であり、サウジアラビア最大の石油会社Saudi Aramcoのネットワークがその標的となった。2012年のこの攻撃では、ハードディスクを消去する同マルウェアによって、3万台以上のコンピューターが使い物にならなくなった。

 2度目の攻撃は2016年に実行され、同じくサウジアラビアが標的となった。直近では、イタリアの石油・ガス採掘に従事するSaipemがその標的となり、同社のコンピューターの10%が使用不能になったとされている。

Shamoon

 米国以外で開発されたマルウェアとして今回の記事に初登場するのは「Shamoon」だ。Shamoonはイランの国家支援を受けたハッカーらによって開発されたマルウェアだとみられている。同マルウェアが最初に登場したのは2012年であり、サウジアラビア最大の石油会社Saudi Aramcoのネットワークがその標的となった。2012年のこの攻撃では、ハードディスクを消去する同マルウェアによって、3万台以上のコンピューターが使い物にならなくなった。

 2度目の攻撃は2016年に実行され、同じくサウジアラビアが標的となった。直近では、イタリアの石油・ガス採掘に従事するSaipemがその標的となり、同社のコンピューターの10%が使用不能になったとされている。

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]