編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

国家関与の高度で危険な18のマルウェア - 2/18

Catalin Cimpanu (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子 石橋啓一郎

2019-08-16 06:30

Flame

 セキュリティリサーチャーらが2012年に「Flame」を発見した際、それを「マルウェア」だとは形容しなかった。Flameがあまりにも高度だったため、その構造を説明するために「攻撃用ツールキット」という表現が用いられたのだった。その点では、Reginと似ているところがある。

 前述したように、FlameはFlameフレームワーク上で動作するモジュール群で構成されており、攻撃に必要となる機能に基づいて展開される。

 イランの国家コンピューター緊急事態対策チームMAHERは、2012年に同国の政府機関がFlameによる攻撃を受けていることを発見した。同マルウェアは、「Stuxnet」マルウェアによる攻撃の2年後に発見され、NSAのコード名であるとの憶測もあるEquation Groupの手によるものだとされた。その後、他の中東政府への攻撃でも用いられたことが明らかになっている。Flame関連の現時点で最も的確な説明については、Wikipediaの該当ページを参照してもらいたい。

Flame

 セキュリティリサーチャーらが2012年に「Flame」を発見した際、それを「マルウェア」だとは形容しなかった。Flameがあまりにも高度だったため、その構造を説明するために「攻撃用ツールキット」という表現が用いられたのだった。その点では、Reginと似ているところがある。

 前述したように、FlameはFlameフレームワーク上で動作するモジュール群で構成されており、攻撃に必要となる機能に基づいて展開される。

 イランの国家コンピューター緊急事態対策チームMAHERは、2012年に同国の政府機関がFlameによる攻撃を受けていることを発見した。同マルウェアは、「Stuxnet」マルウェアによる攻撃の2年後に発見され、NSAのコード名であるとの憶測もあるEquation Groupの手によるものだとされた。その後、他の中東政府への攻撃でも用いられたことが明らかになっている。Flame関連の現時点で最も的確な説明については、Wikipediaの該当ページを参照してもらいたい。

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]