編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

日本BEA、AquaLogic拡販でパートナー戦略を発表

CNET Japan Staff

2007-03-08 17:04

 日本BEAシステムズは3月7日、SOAおよびBPMソリューションビジネスに力を入れるため、サービスインフラストラクチャ製品ファミリ「BEA AquaLogic」製品群の拡販に向けた新たなパートナー戦略を発表した。

 今回の発表でBEAは、パートナー企業向けに提案活動を教育する「SOA University」を開始する。コースは毎月開催し、合格者には修了証書とオリジナルQuoカードが送付される。受講は無料。今後1年間で1000人の修了者育成を目指す。同社サイトから申し込むことができる。

 現在、再販あるいはチャネル販売契約を締結しているパートナー企業向けだが、SOAの導入には実際の顧客システムの開発を行う企業も重要と考え、新規パートナー(BEAプログラム名称:デベロップメントパートナー)の拡大にも、今回のプログラムを活用する予定としている。

 また、AquaLogicをソリューションに組み込むなどの活動を行うパートナー企業向けの新規認定制度「AquaLogic Certified Partner」も開始する。伊藤忠テクノソリューションズ、NEC、日本HPの3社と、沖電気工業、日本ユニシスが加わる見込みで、今後1年間で10社に広げたい考えだ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]