編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

毎週1万人以上増加--150万人の開発者が使うSalesforceの勘所 - (page 3)

大河原克行

2014-08-06 06:00

顧客とのつながり方が変わる

――IT産業は、クラウド、モバイル、ソーシャルなどで構成される“第3のプラットフォーム”と呼ばれる時代が訪れています。その中でデベロッパーはどんなことに取り組むべきでしょうか。

Seligman:デベロッパーにとっても、SIerにとっても、大きなチャンスが訪れると考えています。新たなプラットフォームを活用することで、少しの資金と少しの時間を使うだけで、さまざまなことができるようになります。たくさんのコードを書く必要もないし、統合に関する複雑性にも煩わされない。自らサーバを所有するということも不要になる。

 顧客とのつながり方を新たな形でやっていくという意味では、デベロッパーが直接的にビジネスを変えることができる立場に立ち始めたといえるでしょう。今後は、ウェアラブルデバイスを利用した多くのシナリオも出てくることになりますし、デベロッパーからユニークなシナリオが出てくることにも期待しています。

 われわれはこうしたものが登場することに強い情熱を持っており、そのためのプラットフォームを提供している。仮想マシンを提供したり、クラウド上でJavaコードを実装したりすることがSalesforceではありません。提供したいのは、モバイルやウェアラブル技術を活用し、顧客とのつながりを強化することであり、ビジネスプロセスを合理化することにあります。

――昨年のDreamforceでは、Salesforce1の登場が大きな目玉でしたが、今秋のDreamforceは、どんなイベントになるでしょうか。

Seligman:私も詳細はわかりませんが、みなさんがさまざまなことを考えていただいたことの10倍ぐらいの内容になると思いますよ(笑)。


ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]