編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
デジタルバリューシフト

製造業が躍進--IoTによる戦略のバリューシフト

林大介

2015-05-11 07:00

 連載第9回となった今回は、前回に引き続きInternet of Things(IoT)/Internet of Everything(IoE)にフォーカスを当てて論じていく。今回のテーマは製造業×ITだが、本題に入る前に「デジタルとは何か」を改めて考察していこう。”Back to Basic”である。

「アトムからビットへ」から20年

 コンピュータ科学者で、マサチューセッツ工科大学メディアラボの創設者であるNicholas Negroponte氏は、およそ20年前に「アトムからビットへ」とくり返し説いていた。アトムは日本語で言えば原子であり、あらゆる物質を構成する元素の最小単位だ。一方、ビットはコンピュータの世界で使われる情報の最小単位である。つまり、あらゆる情報は物理的な制約を受けなくなる方向(つまり、デジタル)へシフトするというテーゼだった。そしてデジタル全盛の今日では、あらゆる情報がアトムからビットにシフトした。多くの書籍や雑誌がオンラインでデジタルデータとして流通しているし、国際的なレコード業界団体「IFPI」の発表によると、2014年にはついにデジタル楽曲配信の売り上げがCDを追い抜いてしまった。

 ここで、物理的な制約から解放されているという観点でデジタルが持つ4つの原則を整理してみよう。

  1. 重さ”ゼロ”
  2. 形がない
  3. 劣化しない
  4. 拡張する

 先ほどのレコード業界を例にすると、デジタル楽曲は「重さ」と「形」がないが故にさまざまな音楽プレーヤーに対応し、どれだけコピーしても劣化することがなく、オンライン店舗には「売り切れ」という概念が存在せず、ついにはSpotifyのようなサービスが登場して保存するストレージさえ必要なくなった(代わりにネットワーク環境は必要だが)。CDは「劣化しない」以外の項目で全て後塵を拝しており、あっという間に業界の主役の座を追われてしまったのだ。業界全体を巻き込んだ巨大なデジタルバリューシフトであったと言えよう。

 そして、デジタルテクノロジの近年のトレンドとして「モバイル」「クラウド」「ソーシャル」「アナリティクス」などがあるが、全て上記のデジタル4原則の恩恵を多大に受けている。さらに、このようなデジタルな”モノやコト”が「つながる」ことで価値はどんどん増大していく。筆者はこのようなデジタルテクノロジの「開花」を図1に示す”デジタルフラワー”として表現した。そしてIoT/IoEの概念を得て、デジタルはさらに大輪の花を咲かせようとしているのだ。


Digital Flower(図1)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]