編集部からのお知らせ
コロナ禍とIT投資
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧
海外コメンタリー

AIと機械学習を支えるオープンソースとクラウド--MS AzureのCTOが語る

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2018-03-19 06:30

 Microsoftは、「Windows 10」の次のバージョンで人工知能(AI)と機械学習をサポートすると発表した。しかし同社は、マーケティングのための口上を抜きにして、AIと機械学習の処理をクラウド上のオープンソースソフトウェアが支えていることをよく理解している。これが、米カリフォルニア州ソノマで開催されたThe Linux Foundation主催の「Open Open Source Leadership Summit」でMicrosoft Azureの最高技術責任者(CTO)Mark Russinovich氏が発したメッセージだ。

 Russinovich氏の講演は、次のように始まった。

 AIの技術と技法はルネッサンスを迎えている。オープンソースのテクノロジとコミュニティは、ライブラリやフレームワークを提供することによって、機械学習について自力で学ぶ開発者を育ててきた。クラウドのコンピューティング能力は、高い費用対効果で大規模なデータセットを処理することを可能にし、一般的にした。今後研究が進み、その成果がコミュニティで共有されるにつれて、インテリジェントなアプリが増え、あらゆる処理プラットフォームで、これまで以上にオープンソース技術の導入が進むだろう。

 同氏は、Microsoftが顧客へのソリューション提供にクラウドとオープンソースを使っている具体的な例を2つ挙げた。第1の例は、機械学習を使って摩耗や亀裂を調べているRolles-Royceの航空エンジンだ。このデータは、エンジンの事前メンテナンスのために、AIでも使用されている。

 また同社は、クラウドとオープンソースの組み合わせを用いて、インテリジェントな疾患予測アーキテクチャを実現しようとしている。これはベータ段階のプログラムで、最初の事例として、米国立衛生研究所(NIH)の胸部X線データリポジトリのX線画像を調べるために使われている。生成されたデータは、オープンソースの機械学習やAI分析プログラムにフィードできる。「Core ML」やGoogleの「TensorFlow」、そして「Azure Machine Learning」とともに「ONNX」などが活用できる。最終的な目標は、ウェブインタフェースを使って肺炎を診断できるプログラムだという。

 このような仕組みが必要なのは、放射線科医よりもX線検査装置の方が多いためだ。米国だけでも5万人以上の子どもが肺炎で亡くなっており、この病気を素早く診断するのを支援できるツールがあれば役に立つ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    安全なテレワークや在宅勤務を担保する、DCセキュリティの新パラダイム

  2. コミュニケーション

    PC不要!自宅でも会議室でも即ミーティングが可能!脅威のシンプルさの秘密とは?

  3. クラウドコンピューティング

    【事例動画】顧客との“つながり”を創出し「モノ」から「コト」へと実現したIoT活用法とは

  4. セキュリティ

    セキュリティ侵害への対応は万全ですか?被害を最小限にとどめるための10のヒントを知る

  5. セキュリティ

    SANS「2020 CTI調査」が明かす、サイバー脅威インテリジェンスの最新動向

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]