編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「IBM分社のキンドリル」
ZDNet Summit 2021開催のご案内
海外コメンタリー

2010年代を象徴するエンタープライズIT界のCEOたち--米ZDNetが選ぶ - 5/18

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2019-12-25 06:30


チェンジエージェント:MicrosoftのCEO Satya Nadella氏

 2010年代初頭のMicrosoftは、エンタープライズ市場に対する影響力を一部失いそうな情勢にあった。しかしAzureを拡大し、「Office」を活用し、顧客関係管理(CRM)ソフトウェアなどのアプリケーションの分野で重要なプレイヤーになった今日のMicrosoftは、間違いなくエンタープライズ市場に対する影響力を増している。(ここで、「Windows」に触れなかったことに注意してほしい)

 Nadella氏が2014年にSteve Ballmer氏からCEOを引き継いだとき、同社は危機に瀕していたわけではなかったが、力の集中を必要としていた。Nadella氏は力を集中させ、Azureのサービスを磨き、LinkedInを買収し、力を入れるべきは生産性向上の分野だと定めた。また、社内文化の改革にも注力した。 

 Nadella氏はまた、MicrosoftをWindowsを中心にした企業から、マルチプラットフォームの企業に変えた。驚くべきことに、今のMicrosoftはオープンソースの分野にも大きな影響力を持っている。同氏は、モバイル市場で成し遂げるべきことについても現実を省み、スマートフォン市場を(ほぼ)諦める代わりに、Microsoftのアプリをあらゆるところで利用できるようにした。今では、「iOS」版と「Android」版のOfficeの方が、Windows版よりもいいと言われる場合さえあるようだ。


チェンジエージェント:MicrosoftのCEO Satya Nadella氏


 2010年代初頭のMicrosoftは、エンタープライズ市場に対する影響力を一部失いそうな情勢にあった。しかしAzureを拡大し、「Office」を活用し、顧客関係管理(CRM)ソフトウェアなどのアプリケーションの分野で重要なプレイヤーになった今日のMicrosoftは、間違いなくエンタープライズ市場に対する影響力を増している。(ここで、「Windows」に触れなかったことに注意してほしい)

 Nadella氏が2014年にSteve Ballmer氏からCEOを引き継いだとき、同社は危機に瀕していたわけではなかったが、力の集中を必要としていた。Nadella氏は力を集中させ、Azureのサービスを磨き、LinkedInを買収し、力を入れるべきは生産性向上の分野だと定めた。また、社内文化の改革にも注力した。

 Nadella氏はまた、MicrosoftをWindowsを中心にした企業から、マルチプラットフォームの企業に変えた。驚くべきことに、今のMicrosoftはオープンソースの分野にも大きな影響力を持っている。同氏は、モバイル市場で成し遂げるべきことについても現実を省み、スマートフォン市場を(ほぼ)諦める代わりに、Microsoftのアプリをあらゆるところで利用できるようにした。今では、「iOS」版と「Android」版のOfficeの方が、Windows版よりもいいと言われる場合さえあるようだ。

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]