編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内
海外コメンタリー

2010年代を象徴するエンタープライズIT界のCEOたち--米ZDNetが選ぶ - 7/18

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2019-12-25 06:30

復活劇:AMDのCEO Lisa Su氏

 同じく2014年にAMDのCEOになったSu氏が率いる経営陣は、一度は勢いを失った同社を、再びIntelの覇権に挑戦できるようになるまでによみがえらせた。「Zen」と「Eypc」シリーズのプロセッサーが多くのクラウドプラットフォームに影響を与え始め、ハイエンドのノートPCに再び採用され始めている今が、同社にとっての正念場だろう。

 AMDは、2010年代の終わりを迎えるこのときになって、2000年頃に「Athlon」シリーズで築いた栄光の日々以来、最高の状態にある。優れたCPUと優れたGPUの両方を作れる企業は少ない。世界中が機械学習とAIの活用に向けてまい進している現状では、この組み合わせは非常に強力な武器になるかもしれない。エンタープライズ市場にとって、AMDの復活は歓迎すべきことだと言えるだろう。なぜなら、AMDの製品は、IntelとNVIDIAの双方に関して第2の選択肢になるからだ。2020年代の競争に参画できるAMDを数年で育て上げたSu氏は、賞賛に値する。

復活劇:AMDのCEO Lisa Su氏

 同じく2014年にAMDのCEOになったSu氏が率いる経営陣は、一度は勢いを失った同社を、再びIntelの覇権に挑戦できるようになるまでによみがえらせた。「Zen」と「Eypc」シリーズのプロセッサーが多くのクラウドプラットフォームに影響を与え始め、ハイエンドのノートPCに再び採用され始めている今が、同社にとっての正念場だろう。

 AMDは、2010年代の終わりを迎えるこのときになって、2000年頃に「Athlon」シリーズで築いた栄光の日々以来、最高の状態にある。優れたCPUと優れたGPUの両方を作れる企業は少ない。世界中が機械学習とAIの活用に向けてまい進している現状では、この組み合わせは非常に強力な武器になるかもしれない。エンタープライズ市場にとって、AMDの復活は歓迎すべきことだと言えるだろう。なぜなら、AMDの製品は、IntelとNVIDIAの双方に関して第2の選択肢になるからだ。2020年代の競争に参画できるAMDを数年で育て上げたSu氏は、賞賛に値する。

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]