編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方
Microsoft WPC 2014

ナデラCEO舵取りのゆくえは--WPC 2014の全体像を画で見る - 3/30

怒賀新也 (編集部)

2014-07-23 07:30

Microsoftのコーポレートバイスプレジデント、John Case氏が発表した施策が「Microsoft Azure Certified」だ。この認証を受けることで、Microsoftのパートナーが、Azure上に実装された該当のロゴ付きアプリケーションをプロモーションし、販売することができる。

SAPが提供する「SAP HANA Developers Edition」やOracleの「Oracle Database 12.1.0.1」など、エンタープライズITの主要製品が加わっている。

今回、Microsoftは「オープン化」をメインテーマとして打ち出している。自社にこだわるだけでなく、積極的に他社製品を受け入れ、Azureなどを通じてエンドユーザーに提供する考え方に軸足を移そうとしており、それが端的に表れた取り組みと言える。

Microsoftのコーポレートバイスプレジデント、John Case氏が発表した施策が「Microsoft Azure Certified」だ。この認証を受けることで、Microsoftのパートナーが、Azure上に実装された該当のロゴ付きアプリケーションをプロモーションし、販売することができる。

SAPが提供する「SAP HANA Developers Edition」やOracleの「Oracle Database 12.1.0.1」など、エンタープライズITの主要製品が加わっている。

今回、Microsoftは「オープン化」をメインテーマとして打ち出している。自社にこだわるだけでなく、積極的に他社製品を受け入れ、Azureなどを通じてエンドユーザーに提供する考え方に軸足を移そうとしており、それが端的に表れた取り組みと言える。

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]