編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

Linuxベースのシングルボードコンピュータ6選 - 2/6

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2014-08-15 06:30

HummingBoardシリーズ

 まず最初にはっきりさせておこう。SolidRunの3種類の「HummingBoard」は、Raspberry Piよりも値段が高い。最も性能が低い「HummingBoard-i1」は44.99ドルからで、他に10ドルの電源が必要だ。一方、最も高性能な「HummingBoard-i2eX」は99.99から116.99で、これにも電源は含まれていない。

 その値段で手に入れることができるのは、はるかに強力なプロセッサとより多くのRAMを搭載したSBCだ。下位2タイプのSBCにはFreescale i.MX6が1つ、または2つの1GHz Cortex-A9、およびC880 GPUが搭載されており、ハイエンドのi2eXにはVivante GC2000が搭載されている。ローエンドのi1は51MバイトのRAMを持っており、他の2モデルにはそれぞれ1GバイトのRAMが用意されている。

 ストレージには、i1とi2はMicroSDスロットを使用し、i2eXはさらにmSATA IIインターフェースを持っている。最初の2モデルはネットワーク接続に100Mbpsのイーサネットを使用し、2つのUSBポートを持つ。また、i2eXはギガビットイーサネットをサポートし、4つのUSB 2.0ポートを持っている。

 メーカーによれば、3モデルともAndroid 4.4.x、Yocto、Ubuntu、Debian、FreeBSD、その他のOSに対応している。

 つまりこれは、Raspberry Piでは手に負えない大きなプロジェクトに取り組むユーザーのための、強力なSBCだと言える。

HummingBoardシリーズ

 まず最初にはっきりさせておこう。SolidRunの3種類の「HummingBoard」は、Raspberry Piよりも値段が高い。最も性能が低い「HummingBoard-i1」は44.99ドルからで、他に10ドルの電源が必要だ。一方、最も高性能な「HummingBoard-i2eX」は99.99から116.99で、これにも電源は含まれていない。

 その値段で手に入れることができるのは、はるかに強力なプロセッサとより多くのRAMを搭載したSBCだ。下位2タイプのSBCにはFreescale i.MX6が1つ、または2つの1GHz Cortex-A9、およびC880 GPUが搭載されており、ハイエンドのi2eXにはVivante GC2000が搭載されている。ローエンドのi1は51MバイトのRAMを持っており、他の2モデルにはそれぞれ1GバイトのRAMが用意されている。

 ストレージには、i1とi2はMicroSDスロットを使用し、i2eXはさらにmSATA IIインターフェースを持っている。最初の2モデルはネットワーク接続に100Mbpsのイーサネットを使用し、2つのUSBポートを持つ。また、i2eXはギガビットイーサネットをサポートし、4つのUSB 2.0ポートを持っている。

 メーカーによれば、3モデルともAndroid 4.4.x、Yocto、Ubuntu、Debian、FreeBSD、その他のOSに対応している。

 つまりこれは、Raspberry Piでは手に負えない大きなプロジェクトに取り組むユーザーのための、強力なSBCだと言える。

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]