編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ
展望2017

IT企業の年頭所感(5)--クラウドコンピューティングに関する5つの予測 - (page 3)

ZDNet Japan Staff

2017-01-13 11:29

クリックテック・ジャパン カントリージェネラルマネージャー 藤堂正憲氏

 2016年は、ビジネス部門が求める、迅速・柔軟なデータ分析に対応するセルフサービスBI(Business Intelligence)が普及する中、データドリブン型組織に向けた投資が一層加速し、ビジネスインテリジェンスの投資の波を感じた1年でした。それを表すように、国内のQlik導入事例も、幅広い業種で部門単位での採用が拡大しました。

リックテック・ジャパン カントリージェネラルマネージャー 藤堂正憲氏
リックテック・ジャパン カントリージェネラルマネージャー 藤堂正憲氏

 クリックテック・ジャパンは、「データの分析から利活用」、「ビッグデータ分析のラストワンマイルの解決」をテーマに掲げ、お客様の保有する膨大な量のデータから、ビジネス上の重要な疑問に対する答えを見つられるようにビジネス部門をエンパワーメントしてきました。

 そして、2016年6月のカントリージェネラルマネージャー就任時より、「各インダストリーの業務課題に精通したハイタッチセールスによる提案」と「各業務分野への知見を持つパートナーによるBI構築・導入」の2本の柱で、日本でのビジネス拡大に取り組んで参りました。

 2017年は引き続き、セルフサービスBIの普及期になると考えています。国内のお客様がより早く、より多く、より広く、データ利活用を推進できるよう、「SaaSオファーリングの強化」、「利活用データのバリエーション拡張」、「分析結果の共有」を軸としたエンタープライズ・クラス向けプラットフォーム戦略の展開を加速して参ります。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]