ベトナムでビジネスをする

ベトナム交通事情のウラ側

古川浩規(インフォクラスター) 2014年05月13日 07時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

単なる移動手段ではないバイク

 ベトナムでは対人口比のバイク普及率が50%程度と言われていることからも、庶民の足としてバイクがいかに浸透しているかがうかがえます。特に日本メーカー製のバイクは重宝されており、バイクを指す一般名称として「HONDA」と呼ばれることがあるほどです。そのため、ヤマハのバイクのことを「YAMAHAのHONDA」と言う呼ぶことすらあります。


とある工業団地の朝の出勤風景。道いっぱいに広がったバイクの洪水が延々と続いていく様は、何度見ても壮観。

 しかし、いくら日常の足になっているからと言って、バイクであればどれも同じというわけではありません。ベトナム人なりの選び方があるのです。

 ベトナム人にとっては、「どのバイクに乗っているか」が自分を表す重要な指標の一つであり、大切なステータスシンボルとなっています。ハイフォン出身の知人女性は、「良いバイクに乗っているけど見た目が悪い男性を彼氏に選ぶか、ダメなバイクに乗っているけどイケメンを彼氏に選ぶか、どちらか選択しろと言われたら難しいわね……」と言い切るほどです。

 そうしたベトナム人の中で人気のある車種の代表が、男性であればホンダ「Air Blade」、女性であればホンダ「Lead」です。どちらもスタイリッシュなスクータータイプで、特にハノイやホーチミンなどの大都の若者達が颯爽と乗っているバイクは、これらであることが多いです。価格はいずれも約20万円。ベトナムではバイクの売れ筋が1台5万円から10万円程度と言われているので高級品なのですが、それでも若い人を中心に買い求める人は後を絶ちません。


女性の人気車種の一つであるホンダの「LEAD」。シートやフレームなどにアフターパーツでデコレーションをする人も。

 ベトナムではIT業界は比較的高収入の職種としてとらえられていますが、それでも初任給の半年分近くにもなる金額です。日本で高価な軽自動車や小型乗用車を購入するのと同じ金銭感覚でしょうか。

 なお、バイクの普及率が高くなるにつれて、各メーカーはさらなる高級化路線を展開し始めています。イタリアのピアッジオ社製「ベスパ」がこのクラスの代表で、30万円以上もする製品を投入しています。また、ホンダやヤマハなどの日系メーカー各社も高級モデルを投入しています。しかしこのベスパですら、ハノイやホーチミンといった大都市で日常の足として使っているベトナム人は珍しくありません。「バイクと言えば、ホンダのカブ」という見慣れた光景は、ベトナムでも過去のものとなりつつあります。


とある駐輪場にて。ガードマンがオートバイを整然と並べていく。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算