編集部からのお知らせ
CNET_ID限定PDF「システム監視の新ワード」
注目の記事まとめ「Emotet」動向

“サービスとしてのOpenStack”--Platform9が解決する課題 - (page 2)

松下康之

2016-07-21 07:00

工藤氏 具体的に言いますと、OpenStackのコンポーネントそのものは顧客が用意するハードウェアの上で実行されます。ただし、システム全体の監視やアップグレード、異常時の対応などはPlatform9のサービスとして提供します。

 OpenStackのプラットフォームとしての監視サポートも24時間、365日の体制でエンジニアが対応します。全体のシステムの管理はPlatform9が提供するクラウドサービスを通して顧客が実行します。データそのものは顧客のデータセンターに、管理はPlatform9のサービスを通すということである意味、ハイブリッドなんですね。

インタビューに答えてくれた工藤氏(左)と三好氏(右)
日本でのビジネス展開をディストリビュータとして支援するネットワールドの工藤真臣氏と三好哲生氏

――つまりデータプレーンに関しては顧客のサーバリソースを使って、コントロールプレーンの部分だけをPlatform9が提供するツールを通じて展開するということですか。

三好氏 そうです。そうすることでOpenStackの一番面倒なインストールやアップグレードをユ-ザーがやらなくても良くなるのです。

 これは、笑い話なんですが、とあるOpenStackの勉強会に行ったら、インストールの部分だけで2時間も時間をかけてという話をしていることもあります。そんなところに時間をかけるならPlatform9を使えば、あっという間にOpenStackが準備できる。

 本来やりたかったことはOpenStackのインストールではなくてその先にあるクラウド環境を作って、それを使って何かをしたかったはずなのに、インストールだけでそんなに手間がかかるのはちょっと。

――本末転倒だと。

三好氏 実際に先日ですが、われわれが使ってるOpenStackを2014年10月リリースの「Juno」から2015年10月リリースの「Liverty」にアップグレードをしたのですが、これはバージョンでいうと2つ上げているような感じなのです。普通のOpenStackであれば結構苦労するやり方だと思うんですが、それも数時間止まっただけで、ちゃんとアップグレードができているので、インストールだけではなくてアップグレードに対してもPlatform9の優位性がわかってもらえると思います。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]