Oracle OpenWorld Tokyo:エリソンCEO、ハードとソフトの融合を語る--ジョブズとの思い出も披露 - (page 3)

大河原克行

2012-04-05 12:31

NECとオラクルはビッグデータでも協業を深める

 エリソンCEOの基調講演に続いて、スポンサーセッションとして、NEC執行役員常務の山元正人氏が「企業競争力強化に向けたビッグデータ活用とは〜価値ある情報の創出に向けたNECの取り組みについて〜」と題して講演。

 データ量が急激な勢いで増加しているといった状況を各種資料を活用して示しながら、NECのビッグデータへの取り組みを「センサー」「指紋認証」「顔認証」などの技術のほか、「リアルタイム処理」「蓄積データ処理」「通信フロー制御」「非構造化データ分析」などの観点から具体的な製品をあげながら紹介した。

 「ビッグデータに対しては、ニーズにあわせ、基盤層、収集・統合層、分析・メディア解析層において、最適な製品を組み合わせて提供することで多様なデータ処理を可能にする」とした。

 また、新たなデータ処理製品として「InforFrame Relational Store」を発表。「データ量の増加にあわせてスケールアウトが可能になり、処理能力を高めていくことができる。ここではデータを高速に処理するためのNEC独自のマイクロシャード技術を採用。従来のデータベースでは解決できないスケールアウトなどの課題を解決できるようになる」とした。

 さらに、「NECは1987年からオラクルと協業関係がある。4月3日にも運用管理領域での協業強化を発表したばかりだ。今後は、ビッグデータ領域においても協業を深めていくことになる」などと語った。

Keep up with ZDNet Japan
ZDNet JapanはFacebookページTwitterRSSNewsletter(メールマガジン)でも情報を配信しています。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]